ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタバでの聞き間違いを逆手に取った“注文ゲーム”が面白い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スターバックスで注文するとき、自分の名前を聞かれたことがあるだろうか。

これはドリンクができあがって店員から客へ手渡しするとき間違いがないようにと、海外では割りと当たり前のシステムなのだが、最近では日本の店舗でもこのような取組みを実施しているところが増えてきているらしい。

しかし人の名前というのは厄介なもので、ひと聞きしただけでは正確に文字に起こすことが難しく、受け取ったカップに書いてある自分の名前を目にして驚愕することもしばしば。

特に海外では、日本の名前に馴染みがないスタッフによって、かなり笑える“翻訳”がされることも。

日常のこんなおかしな経験を、独自のサイトでゲーム化したのが「WHAT’S MY STARBUCKS NAME?(オーダー名、間違いゲーム)」。

サイトのトップページに自分の名前をアルファベットで入力すると、カップに誤って書かれる可能性のある名前が出てくるというゲームだ。

シンプルなお遊びだが「そうきたか!」と、明後日の方向から球が飛んでくるかのような意外な綴りが出てきたりするので、それが面白くて何度でもトライしたくなる。

試しに「mike(マイク)」と入力してみると…

「macke(マック!?)」と間違われる可能性があるようだ。

では日本の名前で試してみよう。「minako(みなこ)」ではどうだろうか?

結果は「Mexico(メキシコ)」!!

そんなバカな、と思うかもしれないが、実際に筆者もこのような経験をしたことがある。

ちょっとした暇つぶしにもなるこのゲーム。海外のスタバでは、ほぼ毎回このように名前を聞かれるので、予行練習として試しに遊んでみては?

WHAT’S MY STARBUCKS NAME?
http://www.whatsmystarbucksname.com/

ゲーム(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP