体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野郎ブッ殺してやる!映画『コマンドー』30周年でベネットから胸熱メッセージ【動画】

エンタメ
野郎ブッ殺してやる!映画『コマンドー』30周年でベネットから胸熱メッセージ【動画】

全盛期のアーノルド・シュワルツェネッガーの美しい筋肉と、燃える日本語吹き替えで日本でも長らく愛されているアクション映画の金字塔『コマンドー』。その製作30周年を記念したディレクターズカット版Blu-ray発売にともない、ベネット役のヴァーノン・ウェルズ(ちなみに『マッドマックス2』でウェズという赤モヒカンの暴走族を演じていてそっちも大人気)が日本のファンに向けてメッセージ動画を寄せ、話題になっている。

https://youtu.be/4l1PUGeopFE

この動画で、ファンならば感涙モノの台詞を挟みつつ「プロですから」「野郎、ブッ殺してやる!」という吹き替え版でお馴染みの名言を、流暢(とは言い難い)日本語で披露するヴァーノン。実は彼の奥さんが日本人とのことで、この動画のために発音をレクチャーしてもらってきたというから流石プロである。

ヴァーノンに対し、ネット上では「ベネットさん本人登場きたああ」「まさかベネットさん自ら告知とは、、、」「とんでもねえ待ってたんだ」「来いよベネット、そのブルーレイでかかって来いよ!!」
などなど、『コマンドー』ファンからのアツいコメントが寄せられている。

なおディレクターズカット版は、玄田哲章や若本規夫らによる新たな日本語吹き替え版を収録した日本オリジナル・デザインのスチールブック仕様だ。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会