ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINEのトーク履歴 SIMフリースマホへ引き継ぐ方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SIMフリースマホと格安SIMを入手したものの、LINEを使うことはできるのだろうか。
そんな不安を解消するための方法をお教えするシリーズ、今回はキャリアスマホから新スマホへの情報引き継ぎの応用術です。まずは「テキスト形式」でのバックアップ、保存の仕方をご紹介します。

引き継がれない情報の中で、一番残念なのが「過去のトーク内容」ではないでしょうか。友だちとの笑えるやりとりや、グループトークでの重要なやりとりは保存しておきたいですよね。ビジネスでLINEを使っている方なら重要なやりとりもあるはずです。

ここでは、iPhoneでのバックアップ保存方法をお話ししていきます。
基本的に、iPhoneでのバックアップは「テキスト形式」のみで、絵文字やスタンプなどは保存されません。

 
過去のトーク内容のバックアップ保存
①  保存したいトーク画面の右上「∨」マークをタップ
②  「トーク設定」を選択
③  「トーク履歴を送信」を選択
④  「メールで送信」するか「その他アプリ」で保存するか選択
⑤  「メールで送信」の場合はメーラーが立ち上がるので、任意のアドレス宛にバックアップファイルを添付してメールを送信
⑥  「その他アプリ」の場合は、iPhoneにインストールされているクラウドドライブやEvernoteなどに保存するよう選択
⑦  トーク内容がテキスト形式のファイルで保存される

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneからiPhoneへの移行の場合
上記で「基本的に」と書いたように、実はiPhoneでのバックアップ方法はこれだけではありません。iTunesを使って旧iPhoneのデータを暗号化バックアップ・復元することで、アカウントおよび過去のトーク内容のバックアップ・復元が可能です。

ただしこの方法は、「LINE公式ブログ」でも”自己責任で行ってください”との記載があるように、確実な方法とはいえないようです。ネット上でも失敗事例が少なからず報告されていますので、もし試してみたい方がいらっしゃいましたら、失敗のリスクを最小限にするためにもメールアドレス登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

念のため、重要なトーク内容は「テキスト形式」で保存しておくことも併せてオススメします。

 

参考:機種変更時にLINEのアカウントを引き継ぐ方法:LINE公式ブログ
http://official-blog.line.me/ja/archives/17894627.html

 

AndoroidからiPhoneへの移行の場合
Android機でバックアップしたトーク履歴ファイルをiPhone(iOS)で復元することは残念ながらできません。その逆も然り。このような場合は「テキスト形式」で保存してください。保存の仕方はiPhoneと同じです。

ちなみにAndroidでのバックアップは「テキスト形式」と「すべてバックアップ」がありますが、「すべてバックアップ」は、トーク履歴だけでなく絵文字やスタンプ、画像なども完全に保存され、新しいスマホに復元できます。

……と、簡単に書きましたが、バックアップファイルを取り扱う際に少し手間がかかるので初心者の方にはややハードルが高いかもしれません

やり方は次回、詳細にご紹介します。

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP