ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

耳の大きい人は出世する?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
耳の大きい人は出世する?

 外見だけで人を判断してはいけない、とは分かっているものの、私たちはつい相手の内面や心の中さえも、その外見やちょっとした仕草から推し量ろうとしてしまいがち。しかしあながちそれは間違いではなく、実際に、好き嫌いや行動のくせには、その人の考え方の傾向が少なからず表れているといいます。

 外見やしぐさは、人を理解するひとつの手助けになったり、意外な一面や隠された本性を見抜くヒントになると語るのは、心理学を専門とする渋谷昌三さん。

 渋谷さんの著書『[イラスト版]外見だけで人を判断する技術』では、ファッションや髪型、顔立ちといった外見上の特徴、さらには食べ物の好み、口ぐせやしぐさから、その人がどのような一面を持つ場合が多いのか、イラストと共にわかりやすく指摘していきます。

 外見上の特徴—-渋谷さんは、顔の大きさや、一重か二重か、眉毛や耳、鼻や口もとからもわかることがあるといいます。

 たとえば、耳。よく知られるところでは、耳たぶが厚く豊かな人はお金が貯まる「福耳」の持ち主だといわれますが、ここで渋谷さんが注目するのは、耳の大きさ。耳の大小によって、出世度がわかる場合があるといいます。

「耳の大きい人は、人のいうことをよく聞きます。そのアドバイスを取り入れるかどうかはともかく、他人の意見を尊重し、耳を傾けるだけの度量を持っています。逆に小さい耳の人は、自分の独断でどんどんやってしまい、周囲の意見を考えに入れる余裕がありません」(同書より)

 そのため、出世をしやすいのは、他人のいうことをよく聞いて成長する可能性を持った、耳の大きい人の方なのだそうです。さらに、耳が「血色のよいピンク色で、つやつやしていて、厚みがあって、はりがある」人は、体力があって仕事もできる人だともいいます。

 もちろん、渋谷さん自身、「この本に書いてある判断法も、あくまでその人を〝理解″するための参考にしてほしいものです。『こういう人間だ』と決めつけてしまって、もうそれ以外のところは見ないというのでは、本当のその人が見えなくなってしまいます」(同書より)というように、こうした特徴の数々は、複雑な人間のうちの、あくまでひとつの要素。一概に全ての人に当てはまるとはいえませんが、人づきあいに悩んだときには、ひとつの参考としてみるのもいいかもしれません。

■関連記事

特段話すことがない相手との会話を円滑にする方法
合コンが盛り上がらないのは脳に違いがあるから? 対処法をDaiGoさんが指南
人と目を合わせるのが苦手な人にオススメの「臆病に見せない」方法

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。