ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】片岡愛之助氏 近畿最古の芝居小屋再建の物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】片岡愛之助氏/『愛之助が案内 永楽館ものがたり』/集英社/1400円+税

 役者は顔、そして肉体が、二度とはない「今」、一瞬の輝きを体現する。それでこそ歌舞伎は数百年もの間、脈々と生き続けてきたのだ。

 上方きっての人気役者・六代目片岡愛之助氏(43)は、だから兵庫県豊岡市に現存する近畿最古の芝居小屋・出石永楽館(いずしえいらくかん)に惹かれるのだろうか。その再生にかける市民の情熱に打たれた氏は、2008年8月の柿落(こけらおとし)公演以来、毎年「永楽館歌舞伎」で座頭を務め、昨年は〈コウノトリの郷〉豊岡に因んだ新作歌舞伎『神の鳥』(作・演出/水口一夫)を披露するなど、あえて初役に挑んできた。

〈但馬の小京都〉がかつての賑わいを取り戻すために、役者や作家、ボランティアや市長までが一丸となった7年余りの軌跡を清水まり氏との共著『愛之助が案内 永楽館ものがたり』は綴る。

 取材前夜、愛之助氏は名古屋・中日劇場で宙を舞っていた。『南総里見八犬伝』に材を取った『新・八犬伝』で、彼は4役を早替りで勤め、魔界に君臨する崇徳院が観客の頭上を飛び回る趣向は、まさにエンタテインメント! 日々の精進や革新によって伝統は継がれるという意思を感じさせた。

「いえいえ。飛んでる方はお客様と目が合ったりして、結構照れ臭いんです(笑い)。今は上方の役者というと成駒家さんとうち(松嶋屋)くらいですし、歌舞伎役者全体からみると人数も1割に満たない。

 何とか上方に活気を取り戻そうと、松竹の永山武臣前会長が作って下さったのが上方歌舞伎塾(1997~2002年)で、一般家庭に生まれながら父・秀太郎や祖父・十三世仁左衛門に人生を変えていただいた僕自身、塾では父の指導を手伝い、卒塾生と共演した「平成若衆歌舞伎」(2002年)では初の座頭も務めさせていただいた。

 この『新・八犬伝』は元々その出し物として書かれた思い入れのある作品で、生涯上方役者として生きた祖父や父を見て育った僕にとっては、一生上方の役者でい続けることが、絶対譲れない軸なんです」

 と、何より上方の役者として観客を楽しませることに拘る愛之助氏は、晴れて復元した永楽館の柿落公演への出演を二つ返事で快諾。

「只僕は出石に行ったこともなければどんな土地かも知らず、しかも当初は公演が8月(3回以降は11月)で、まさか鬘(かつら)が溶けるほど暑いなんて、ビックリでした!」

 日本海を望む城崎温泉の南に位置する豊岡市出石は、実は日本で一、二を争う酷暑にして豪雪の地。永楽館の原型は明治7年建設の野天の歌舞伎舞台に遡り、同34年、出石で紺屋を営む芝居好きの小幡氏が元出石城主仙石氏の家紋に因んだ永楽館を自費で建設。歌舞伎や寄席、演説会に活動写真と様々に利用されてきたが、娯楽の多様化もあって昭和39年に閉館。以来小幡家の子孫が保全に努めたが傷みは酷く、立ち上がったのが「出石城下町を活かす会」だ。

 出石では昭和43年に出石城の櫓を町民の寄付で復元するなど町づくりの意識が高く、その歴史的価値に注目した中貝宗治市長は平成18年復元に着手。同20年、44年ぶりに甦った永楽館の柿落公演で、氏は落成を寿ぐ『操り三番叟』を舞う。

「何しろ兵庫県重要有形文化財なので、冷房は氷柱くらい。舞う方も観る方も汗だくで、翌年『車引』を演じた時には普通の鬢付よりガチガチに硬い油をライターで溶かして作った梅王丸の鬘が溶けてしまったくらいで(笑い)」

 裏方のほとんどは市民やボランティアが務めている。

「一般の劇場と違って裏方さんもいませんし、全てが町ぐるみの手作りなんです。ああ、昔の役者はこうやって芝居と向きあってきたんだなあと感慨深い小屋です。

 所詮僕らは芝居しかできませんし、言うてもキャパは300人ほどで全員タダで働いても赤字。幸い去年の切符はすぐに完売したんですが、地元の方々の情熱や中貝市長の掛け声がなければ絶対7年も続けられません。だから僕ら〈チーム上方〉も中村壱太郎(かずたろう)君が口上で地元名物を宣伝したり、町興しまではできずとも恩返しだけはしたいなと…」

 行けば〈お帰り〉と迎えてくれる場所。その大らかさが永楽館の味わいらしい。

「永楽館や秋田の康楽館のように、町に一つ、芝居小屋があって、庶民の娯楽として親しまれた頃の風景が甦るのは本当に素敵ですし、歌舞伎座や松竹座のような大劇場もそれはそれでいい。観客が観る楽しみも増えますし、僕らも制約がある中で工夫をするのは大変な反面、楽しくもあります」

 目的は歌舞伎が広く愛されつづけること―そのための努力なら惜しまない氏は、日々伝統と対峙しているせいか至極謙虚に映る。

「特に自分では謙虚だとも思わないし、僕はいただいた台詞一つ、満足に言えない時からその日の舞台を無事勤めることだけを考えてきました。芝居には正解も完璧もないからこそ、周りありきの自分を痛感せざるをえない。

 でも結局は様々な重圧に耐え、腹を括らないと何もできないのは多分皆さんと一緒ですし、元々器用じゃない僕は、昼は蕎麦と決めたら一か月間毎日蕎麦でも平気なタイプ(笑い)。子供の頃に『歌舞伎って凄い』と思った気持ちは今も全く変わりません」

 そんな役者の気取らない自負と、出石の自主自立の気風が出会って「永楽館歌舞伎」は生まれ、自立した点と点が線や面になる町興しでは、「守る」という行為が前向きに映るから不思議だ。永楽館や上方歌舞伎もそう、今時の「守る」には進取の精神と仲間が肝要なのである。

【著者プロフィール】片岡愛之助(かたおか・あいのすけ):1972年、堺市で金属加工業を営む一家の長男に生まれる。子役として6歳から舞台を踏み、1981年、故・十三世片岡仁左衛門の部屋子に。片岡千代丸を名乗る。1992年、二代目片岡秀太郎の養子となり、六代目愛之助を襲名。1997年発足の上方歌舞伎塾では父と共に後進の育成に努め、自身も主に立役を得意とする主力に成長。2008年より「永楽館歌舞伎」座頭を務め、TBS系「半沢直樹」の黒崎役などドラマ、演劇等でも活躍。172cm、73kg、B型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
熊切あさ美と交際中の片岡愛之助 「もう会うな」と養父通達
片岡愛之助 養父の反対乗り越えて熊切あさ美と半同棲生活
片岡愛之助 変身ヒーロー、オネエの官僚役の次は妖怪の声優

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP