体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Salyu「話したいあなたと」第4回:清 竜人

salyu_ryujin1

Salyuの対談企画「話したいあなたと」。第4回のお相手は、2009年のメジャーデビュー以降、孤高のソングライターとしての存在感を放ちつつ、近年はアイドルやアニメ文化にも接近し、昨年“一夫多妻制”のアイドルプロジェクト、清 竜人25を始動した清 竜人。2人はこの日まったくの初対面だったが、待ち合わせ場所に現れた竜人の衣装(私服!)を一目見た瞬間からSalyuは相好を崩し、すぐに意気投合した。そして、中華料理店で酒を酌み交わしながら行われた対談も実に愉快で興味深い内容になった。

——今日は初対面ということで、まずはお互いの印象から聞かせてもらえたら。

Salyu「冷静で、知的。さらに、いろんな面があるのを感じる。自分の多面性を許容しているというか。こういう方はあまり会ったことがないなって思った。こうやってみんなでお酒を飲みながら食事をしていても、今日のファッションにしても、自分の心地いいあり方を知っている人なんだなって。イスの上であぐらをかいてたりね(笑)。そういうところも素敵だなと思う」

清「僕、無礼なことしてないですか? 大丈夫ですか?」

Salyu「無礼なことなんてなんにもしてない(笑)」

——でも、つかみどころがない人というのは、竜人くんはしょっちゅう言われてると思うんですけど。

清「そうですね。特に作品をリリースすると、常に前作と振れ幅が大きいからそういうふうに言われますね」

——竜人くんとしてはどれも自分だという感覚なんですよね?

清「自分ではね、そう思うんですけれども(笑)」

salyuryujin3

——竜人くんはSalyuさんにどんなイメージを持ってましたか?

清「僕はLily Chou-Chouのイメージが強いですね」

Salyu「へえ! うれしい。竜人さんは私の10歳下くらいですよね。Lily Chou-Chouはリアルタイムではないでしょ?」

清「はい、たぶんリアルタイムではないんですけど、映画(『リリイ・シュシュのすべて』)をきっかけにLily Chou-Chou知って。邦画が好きでよく観ていた時期があったんです。あと、ASA-CHANGが僕のソロデビューのタイミングからドラムを叩いてくれてたんですね。だからASA-CHANGとは19歳のときからの付き合いで。そのなかで『最近Salyuさんとのレコーディングに参加してる』という話を聞いたことがあって。だから、Salyuさんを見ているとASA-CHANGの顔が浮かびます(笑)」

Salyu「あははははは。そうか、そうか」

清「あとは、Salyuさんは話し声と歌声が近いですよね。今日始めてお会いして、お話させてもらってそう思いました。話声と歌声が違うタイプの歌い手さんも多いと思うんですけど。ここまで近い人ってわりと少ないんじゃないかなって」

Salyu「初めて言われた!」

清「まるで歌ってるみたいに話しますよね。今の『初めて言われた!』というのも歌のようだなと思います」

Salyu「ありがとうございます(笑)」

——以前、竜人くんにインタビューしたときに印象的だったのが、基本的に女性ボーカルの音楽しか聴かないと。それか、インストものしか聴かないと言っていて。

清「そうなんですよ。理由は感覚的なことがいちばんなんですけど」

Salyu「ああ、そうなのかなと思った」

——どういうところに?

Salyu「竜人さんの歌に女性っぽさを感じたからかな。女性シンガーって振る舞いが重要で。人とどう話すかということも歌に直結するんですよね。そういう意味で竜人さんは女性的な、繊細な感性を持ってる方なんだなって思いました。それはひとつの好意的な思いとして」

清「ありがとうございます。自分が歌をやってるから、ほかの男が歌ってる曲を聴くと胸くそが悪くなるんですよね」

Salyu「あはははは!」

——ノイズに感じる?

清「ノイズに感じますね。聴きたくない。特に日本人の男の歌は」

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会