ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画でデトックス? GWに観るべき映画3本

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「MORNING INSIGHT」(ナビゲーター:別所哲也)。5月4日のオンエアでは、映画コメンテーターとして活躍する、美魔女モデル・藤井まゆみさんがゲストに登場。現在公開中のおすすめ映画を紹介しました。

2010年第1回国民的美魔女コンテストで、美肌魔女賞を受賞した藤井まゆみさん。現在は映画ビューティーコメンテーターとして活躍しています。藤井さんがコンセプトに掲げているのが「映画を観て美しくなろう!」です。藤井さんは、いい映画には観た人を笑顔にし、内面を磨き、ポジティブに導くという、きれいになる要素があると言います。そんな藤井さんが、現在公開中のおすすめ映画を紹介しました。

まずは、観た人誰もが大絶賛するという話題作『セッション』。ストーリーは有名音楽学校に入学した19歳の青年と鬼教師との狂気のレッスンを描いたドラマ。藤井さんは、「まさにアトラクション体験をしたかのような、息を付く間もない1時間40分。見終わったあとの硬直していた体の脱力感がすごいんです」と言います。ゴールデンウィークにアミューズメントパークへ行けなかったという人にもおすすめ、人気アトラクション以上の満足感が得られる1本なのだとか。

もう1本は、北野武監督最新作の『龍三と七人の子分たち』。ストーリーは元やくざの龍三親分と、7人のおじいちゃんやくざが同窓会のように集まって、現代の若いやくざと闘うというドタバタコメディ。「これは武監督らしい、ブラックユーモアが炸裂する、とにかく笑って、笑って、腹筋が割れてしまうぐらい大笑いしてしまう映画です。やっぱり笑えるって最高ですよね」(藤井さん)

最後の1作は、イギリス映画『イタリアは呼んでいる』。アメリカでは口コミで広がり、3館の公開から204館に拡大してしまったぐらい大ヒットしたのだとか。作品は、イギリスでは知らない人がいないぐらい有名なコメディアン&役者のスティーヴとロブが本人を演じながら、イタリアへ美食の旅に行くコメディ映画。終始、この2人の即興ギャグで展開されます。藤井さんのおすすめは2人が繰り広げる、映画俳優のモノマネ。たとえば、2人で「俺のデニーロはこうだ」と言い合いながら応酬されるモノマネバトルが秀逸なのだとか。大爆笑し、イタリアの美しい街並みがふんだんに楽しめるこの映画。まさにイタリア旅行をしたような気分になれるのだそう。

数時間で、アトラクション並の高揚感が得られたり、旅行に行った気分になったり、大爆笑でデトックスしたりできる映画鑑賞。どこにも出かけないままゴールデンウィークが終わってしまう……という方、さっそく映画館に出かけてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。