ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生活習慣と症状の危険信号 たばこやめられず、塩辛い物好き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴールデンウィークはいつもと異なる生活リズムとなり、ついつい暴飲暴食をしてしまいがち。しかし、生活習慣の乱れは内臓に負担をかけ、病気のリスクを高めてしまう。体に悪いと言われてきた、この習慣。なんでダメなの?

■たばこがやめられない
 たばこの煙やPM2.5などの微粒子を吸うと、肺の奥まで到達してしまう。蓄積すると肺機能が衰え、肺疾患のリスクが高まる。

■二日酔いするほど飲んでしまう
 肝臓はアルコールだけでなくさまざまな飲食物を分解し、代謝に働きかける。二日酔いは分解が追いつかない時に表れる症状。肝臓に過度な負担がかかっている証拠。休ませないと、他の代謝にも影響する。

■塩辛いものが好きで、体重が増えてきた
 腎機能が衰え、尿を充分作り出せなくなると、むくんで体重が増えることも。塩分のとりすぎや高血圧も腎臓に負担がかかるので注意。

※女性セブン 2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
6割税金のたばこ 意外と知られていない国と地方ダブルの税
たばこ値上げで吸わなくなる人急増し税収500億円落ち込むか
たばこ店店主 増税で大量まとめ買いした人に保存方法を伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP