ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

九十九里浜は日本のゴールドコーストになる可能性有と大前氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴールデンウィーク(GW)を前に、その年の人気観光地への人出予測が出始めている。新幹線開通が開通したばかりの北陸地方が注目を浴びているが、大前研一氏がいま最も魅力的だと考えている土地は房総半島の九十九里(くじゅうくり)浜である。九十九里浜の魅力について、大前氏が解説する。

 * * *
 今年のGWは過去最高の人出が予想されている。連休は、地方の魅力を再認識する機会でもある。

 そういう条件を踏まえ、私が日本で最も魅力的だと考える土地の一つは、千葉県の房総半島東岸にある九十九里浜だ。刑部(ぎょうぶ)岬と太東(たいとう)崎の間の太平洋に面して全長約66kmの海岸が続き、「日本の渚百選」「日本の白砂青松100選」に選ばれるなど、古くから風光明媚な名所として知られているが、私は、その魅力を生かし切れていないと思う。ここは一体的に開発すれば“日本のゴールドコースト”になる可能性が大いにある。

 というのは、九十九里浜の景観はゴールドコーストと酷似している上、その潜在力はゴールドコーストを上回っているからだ。

 海岸はゴールドコーストの57kmよりも長く、地域人口はほぼ同じだが、大都市との近接性では首都圏の人口が約3000万人で、ブリスベンの人口の約200万人の15倍に達している。交通アクセスは至近距離に成田空港があり、利用者数はブリスベン空港やゴールドコースト空港より圧倒的に多い。横浜・川崎・羽田空港方面からも東京湾アクアラインを利用すれば近い。

 ただし、九十九里浜とゴールドコーストには大きな違いがある。九十九里浜の海際には規制によって建物が全くなく、夏の海水浴シーズンに貧相な海の家ができるだけだが、ゴールドコーストは海際に高層マンションや商業施設が林立しているということだ。とはいえ、今の九十九里浜の見た目は、まだ何もなかった1960年代のゴールドコーストにそっくりなので、やり方次第で十分ゴールドコーストのようになりうる。

 ところが今は、三つの地域ごとに分散型の町おこしを行なっており、鉄道や高速道路も細切れで海岸全体を想定したつくりになっていない。まさに「宝の持ち腐れ」だ。九十九里浜はゴールドコーストをモデルに、従来の日本型海水浴場ビーチの発想を排除して国際的ビーチリゾートを目指すべきである。

 具体的にはPFI(※Private Finance Initiative、公共施設の建設、維持管理、運営などを民間の資金や経営ノウハウで行なう手法)によって民間資金を活用し、世界の一流リゾートデベロッパーを招致して、九十九里浜全体を統一コンセプトで開発しなければならない。交通アクセスについても、高速道路と鉄道を延伸し、首都圏からの直通を可能にする必要がある。

 本当に地域が繁栄するためには、少なくとも5万人、できれば10万人規模の若い移住者が必要だと思う。そうでないと、幼稚園や学校、文化的な施設、商店、レストランなどの生活インフラが整わないからだ。10万人なんて無理だと思うかもしれないが、ゴールドコーストの人口は半世紀の間にわずか2500人から60万人に増えている。大きな構想を持って本気で取り組めば、決して難しくないはずだ。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
坂口憲二が九十九里に一戸建て購入 桜井裕美との結婚間近か
ゴールドからブルー免許になったときの裏技 被保険者を変更
小ぶりだがコクと甘みのある引き締まった身が特徴の絶品カキ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP