ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾統治下で育まれた日本精神 今でも受け継がれ高い評価も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて台湾は日本の植民地だったが、親日を超えた「愛日家」を自任する台湾人男性が蔡焜燦(さい・こんさん)氏だ。今年4月に、14年前に小学館文庫から発刊された著書『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)』が日本の読者の反響を呼び、単行本の「新装版」として発刊されることになった。そんな蔡氏が日本精神を失いつつある日本に警鐘を鳴らす。

 * * *
 昨今、日本の警察や医療機関の不祥事、さらには教育現場の荒廃を耳にすることが多い。それでは先に述べたような「中国式(精神)」(日本精神と対義語で嘘、不正、自分勝手などの意)に染まった戦後台湾の腐敗と何も変わらない。

 外交も同じだ。日本と中国の間には数々の政治的、領土的、あるいは経済的な懸案を抱えているが、そうした問題が起きるたびに中国に媚びるような発言を日本の政治家や経済人が口にする。それを聞くと、日本という国そのものが「中国式」に毒されているように感じてならない。

 そうした原因が、戦後の日本で徹底された自虐史観と呼ばれる教育にあることは間違いない。政治家も官僚も教育者も、そしてNHKや朝日新聞をはじめとするマスコミも感化されているのだろう。だが、戦後70年間、中国の脅威に晒され続けている台湾では、日本統治下で育まれた勤勉、正直、約束を守る、公を大事にするといった善行を意味する「日本精神」が今でも語り継がれ、子々孫々の代にも高く評価されていることを忘れないでほしい。

 戦後70年、すなわち台湾が日本でなくなってから70年の歳月が流れたが、私は米寿を迎えた今でも台湾を訪れる日本人にこう訴えている。

「日本という国は、現代に生きる日本人だけのものではない。我々のような“元日本人”のものでもあるのだ。先人たちが実践した、日本精神を取り戻してほしい」

 この“遺言”が現代の日本人に届いてくれることを心より願うばかりである。

◆蔡焜燦:1927年、台湾生まれ。台中州立彰化商業学校卒業。1945年、岐阜陸軍整備学校奈良教育隊入校。終戦後、台湾で体育教師となるが、後に実業界に転身。半導体デザイン会社「偉詮電子股分有限公司」会長などを務める。司馬遼太郎が『台湾紀行』の取材をする際に案内役を務め、同作中に「老台北」として登場したことでも知られる。短歌を愛好する「台湾歌壇」の代表として日本文化を広く紹介してきた功績が評価され、2014年春の叙勲で旭日双光章を受章。

●構成/井上和彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国式精神 嘘、不正、自分勝手を意味し日本精神の対義語に
『台湾人と日本精神』著者 戦時欧米国と日本の決定的違い解説
愛日台湾男性「台湾に日本が学ぶべき正しい日本の歴史ある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP