ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

爆買い中国人「戦争は過去、仲良くしてきた歴史の方が長い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

  中国人の消費欲求が止まらない。昨年日本を訪れた中国人観光客の、「爆買い」を含む滞在中の消費額は、5583億円(前年比102%増)で訪日外国人の中でダントツ1位だった。それにしてもなぜ彼らは、これほど日本製品に執着するのだろうか。「爆買い」帰りの中国人の生活をのぞいてみた。

 広東省恵州市の建築業・廖愛民さん(45歳・男性)が住むマンションの名は、中国でも人気の村上春樹の小説名と同じ「ノルウェイの森」だ(実際は漢字)。居宅に一歩入りまず目に入るのが、リビングの壁に掛けられたパナソニックの液晶大画面テレビ。その下に鎮座するのは音響好きには有名な山水のオーディオアンプだ。

 ローテーブルにはソニーのデジタル一眼レフカメラが置かれていた。台所にはパナソニックの電子炊飯器、冷蔵庫も電子レンジも日本製という充実ぶりに圧倒される。

 さらにトイレには、一番のお気に入りだという東芝の温水洗浄便座「クリーンウォッシュ」があった。彼はそれを指しながら、「これは自慢の逸品。一度経験するとやみつきになります」とにこやかに話してくれた。

 廖さんは、今年の春節(旧正月)の2月19日から3月5日まで、日本に留学中の長女に会うため日本に滞在した。昔から日本製品を好んで使用してきたというが、意外にも今回が初の日本旅行だった。「クリーンウォッシュ」もその時に買ってきた。

「今回の日本旅行で、化粧品、美顔器、サプリメント、温水洗浄便座に電子炊飯器、ユニクロの服、スポーツシューズ……だいたい5万元(約100万円)は使いました。中には中国の工場で作られているものもありますが、どういうカラクリなのか、日本で買う方が安くて作りもしっかりしているのです」(廖さん)

 駐車場には廖さんの愛車・トヨタ(天津豊田)REIZ(日本名・マークX)とスズキ(重慶長安鈴木)S-CROSS(日本名・SX4 S-CROSS)が並ぶ。REIZは2006年に26万元(約520万円)、S-CROSSは昨年3月に15万元(約300万円)で購入。現地生産車だが日本ブランドへの信頼は高い。

「私は1980年代から自動車を運転し、その頃は日本の輸入車に乗ってました。ですから日本車の良さはよく分かっています。日本製品の魅力は総じて耐久性ですね」(廖さん)

 聞けば廖さんのような富裕層が多い広東では、戦争の恨みにこだわる人は少ないらしく、彼も「戦争は過去のことでしょう。日中は仲良くしてきた歴史の方が長いんですよ。それで日本製品の愛用を躊躇するなんておかしいでしょう」と語った。

■取材/在中国ジャーナリスト・西谷格

※SAPIO2015年6月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家電爆買い中国人 日本製優秀との認識強く高値でネット取引
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP