ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮り写真を送ってくる「セルフィー男子」に女性の不満続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマホで自分撮りをするための金属棒、通称「自撮り棒」(セルカ棒)が流行しているが、国内外を問わず「自撮り」を楽しむ人たちは多数存在している。画像投稿用SNS「Instagram」では世界中の人々が自撮りを意味する「#selfi」(セルフィー)というハッシュタグをつけ、日夜自撮り写真がアップされている。

 こうした文化は女性中心のものと思われがちだが、実際は「自撮り」が大好きな男性、通称「セルフィー男子」も多いのだという。サヤカさん(24歳・銀行勤務)は、以前付き合っていた彼氏が「セルフィー男子」だったと振り返る。

「付き合う以前から『今、京都に出張に来ているよ』『USJに来たよ』などと自分のキメ顔の写真を送りつけてきて驚きました。風景の写真なら分かりますが、完全に自分の顔のアップで『これじゃどこに行っているか分からないだろ!』と内心ツッコみましたね。決してイケメンではないのに、それができるってスゴイ自信だと思う」(サヤカさん)
 
 別の女性、ケイコさん(27歳・マスコミ系勤務)の元カレも「セルフィー男子」だった。

「頼んでもいないのに自分の鍛えた体の写真を送ってきたり、出張先のホテルで甘えた顔をした自撮り写真を添付し、『さみしいよう~』などとLINEをしてきたりしましたね。しまいには、職場のデスクで自撮りした写真を送ってきたことも……。私が自撮りをしない人間なのですごく違和感があったし、別れた後に写真のフォルダから彼の写真を消す時に『どんだけ自撮りしてたんだよ』とイラっとしました」(ケイコさん)

 彼らに共通するのは、SNSに写真をアップするのではなく、彼女に送るところ。彼らはなぜこうした行為をするのか、現在交際中の男性が「セルフィー男子」だというユリアさん(25歳・IT系勤務)は、こう推測している。

「男性は、SNSに自撮り写真をアップするのは自意識過剰だ、と思われるのがイヤなんだと思います。FacebookやInstagramに自撮りをアップしたら、男友達にも見られて『お前イタいよ』と思われてしまうので、クローズドな彼女や、好きな女子に送って、承認欲求を満たしているんでしょうね。

『かっこいい!』『○○君の顔が見れて嬉しい』などと言ってほしい側面もあると思いますが、おそらく大半は自己満足で意味もなくやっていると思う。正直、女からしたら『私をTwitter代わりにするな、自分の日記にでもアップしろ』という感じです」(ユリアさん)

「セルフィー男子」は女性からの評価はあまり芳しくないようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自撮り棒ブーム 「仲間でない人に撮影頼むの煩わしいから」
FBでモテまくりの自撮り詐欺妻に夫「化けの皮はがされろ!」
自撮り棒が観光地でトラブルのもとに 動物園の柵に入れる人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP