体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃!】悪人とヒーローは些細な違いだった。心理学者が語る普通の人が「ヒーロー」になる方法

150429_ted-psychology-hero

心理学者フィリップ・ジンバルドは、ニューヨーク都心部のスラム街で悪に囲まれて育った経験から、何が人の道を誤らせるのかを考えるようになりました。

残虐な事件や有名な実験の例を挙げ、誰しもが善悪両方の心を持ち合わせていると指摘しています。そして、子どもたちが正義を守る英雄になるためには何が大切かを教えてくれました。

私たちは少しの違いで、悪人にも英雄にもなり得るのです。彼がTED Talksで行ったスピーチをまとめると、

・善悪の境界線は流動的
善と悪の境界線は、実は流動的であいまいなもの。善人が悪に墜ちることもあれば、悪人が更生することもある。

・状況が悪を生み出す
政治や文化といったシステムが謝った権力を作り出し、それに服従することで悪への感覚が麻痺する。

・誰もが英雄になれる
想像力と行動力、そして勇気を持てば、誰でも英雄になれる。子どもたちに伝え、正義と平和を目指そう。

(実際のスピーチ映像は最下部にあります。)

善悪の境界線は流動的

私はニューヨーク都心部のスラム街で悪に囲まれて育ちました。友人の中には刑務所に入った人やドラッグで死んだ人もいて、何が人の道を誤らせるのかをずっと疑問に思ってきました。

多くの人々は、自分は良い側にいて境界線の向こう側が悪人と信じていますが、それは間違いです。善と悪の境界線は、あいまいで流動的なものなのです。

だから、善良なはずの人間が線の向こう側に誘惑されることもありますし、悪いことをした子どもが正しい教育を受けて更生することもあります。

Hero of the guitar

Reference : Nic McPhee

目を凝らせば、世界は善と悪でいっぱいなことに気づかされます。善と悪は、それぞれの心の中に存在しているからです。そして、人間は精神的なダメージや何気ないきっかけで悪へと変貌してしまう可能性があるのです。

状況が悪を生み出す

数年前、戦争の最中、イラクのアブグレイブ刑務所でアメリカ兵が囚人を虐待していたというショッキングなニュースがありました。非常に残虐なものでした。

ブッシュ政権は、制度のせいではなく、一部の悪い兵士のせいだと主張しました。しかし私は、アメリカ人兵士は通常は善人であり、間違っていたのは指導の方だと考えます。

事件が起こったのは、夜勤時の地下階層でした。その場所でCIAは、専門的な訓練も十分に受けていない兵士たちに尋問を行わせました。やつらの意志を砕け、弱らせて抵抗できないようにしろ、と圧力をかけた結果、一線を越えるようなことが起こり始めたのです。

100th Battalion soldiers return from annual training in Hawaii [Image 1 of 2]

Reference : DVIDSHUB

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。