ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既存のLINEアカウント、SIMフリースマホで引き継ぐには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SIMフリースマホと格安SIMを入手したものの、LINEを使うことはできるのだろうか。
新規登録方法をご紹介した前回に引き続いて、そんな不安を解消するための方法をお教えします。今回は「SIMフリースマホで既存のLINEアカウントを引き継ぐ方法」です。

ここでは「新しいSIMフリースマホに今までのキャリアスマホで使っていたLINEアカウントを引き継ぐ」という前提でおはなしをしていきます。

 

この場合、今まで使っていたキャリアスマホ(以下「旧スマホ」)で先に設定しておく必要があるものがあります。それが①メールアドレス登録、もしくは②Facebook認証です。

ここで注意したいのが、①のメールアドレス登録です。登録しておくアドレスをキャリアメールのアドレスにしてしまうと、例えばMNP(ナンバーポータビリティー)で今まで使っていた番号を格安SIMに移した時や、旧スマホを解約した時などに、そのアドレスが使えなくなってしまいます。

そのようなことにならないために、登録するアドレスはキャリアを解約してもメールを受け取れるGmailなどのフリーメールがオススメです。特にAndroidのスマホをお使いの方ならGoogleアカウント=Gmailアカウントをお持ちのはずですので、そのアドレスを登録しておくのが良いでしょう。iPhoneをお使いの方であれば、iCloudメールのアドレスを登録しておくのも良いでしょう。

 

 

新しいSIMフリースマホのLINEアプリを立ち上げたら、「新規登録」ではなく「ログイン」を選択してください。新規登録してしまうと旧スマホでの情報は引き継がれません。

「ログイン」選択後の画面で、メールアドレスとパスワードを入れるか、Facebook認証するかを選んでログインすると、今までのアカウントが引き継がれます。その時点で、旧スマホでは今までのアカウントでLINEを使うことができなくなるのでご注意ください。

 

 

 

新しいスマホに引き継がれる情報・引き継がれない情報
ではここで、新しいスマホにLINEを引き継いだ際、引き継がれる情報とひきつがれない情報を確認しておきます。

 

【情報一覧】

 

旧スマホからの引き継ぎ

友だち/グループ

プロフィール

購入したスタンプ/着せ替え

ひとこと

ホーム/タイムラインの内容

関連アプリ(LINE MALL、マンガ、GAMEなど)

過去のトーク内容

×

トーク背景

×

通知音設定

×

コイン残高

×

※過去のトーク内容(※トークごとにバックアップ保存することは可能
※コイン残高はAndroidからAndroidなど、同じOS間の場合は引き継ぎ可能
(「LINE公式ブログ」より引用)

 

以上のことを踏まえて、新スマホに移行してください。

忘れてしまいがちなのが、購入したスタンプや着せかえ情報です。旧スマホから引き継げますが、「スタンプ管理>マイスタンプ」から再度ダウンロードが必要です。いざトークをやりとりしようとして、“あれ!? スタンプがない!?”と慌てたりせずに確認してくださいね。

 

SIMフリースマホ+格安SIMでできないこと
 残念ながら「年齢確認」は「キャリアのID+キャリア回線」での認証が必要になる為、できません。旧スマホで一度年齢確認をしていても、機種を変える度に確認が必要になるので「未確認」になってしまいます。

「年齢確認」ができないとID検索機能が使えなくなりますが、QRコード読み取りやふるふる機能を使うことができますし、LINEアカウントをきちんと引き継いでおけば特に不都合なことはないと思うのでご安心ください。

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP