ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PL学園OB 「立浪和義は別格」と高校時代の天才ぶりを回顧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7度にわたる春、夏の甲子園制覇、プロ野球選手を多数輩出。大阪・PL学園高等学校は、誰もが知る野球の名門校だが、昨年10月に新入生部員の募集停止を発表し、存続の危機に陥っている。母校の黄金期を支えたOB、片岡篤史(1988年卒、元日ハムほか)、橋本清(1988年卒、元巨人)、大西宏明(1999年卒、元近鉄ほか)の3氏がかつての日々を語り合った。

橋本:野球じゃなくて勉強の思い出だけど、「テストでカンニングした」っていわれて俺と野村(弘樹。元横浜)たちの列がメンバーから外されたことがあったな。スタンドで寂しく応援したのを覚えてるよ。そういえば同じ列やのに、立浪和義(1988年卒、元中日)だけはなぜか外されんかった。

片岡:やっぱり立浪は別格やったんやな。

橋本:俺は小学校から一緒やけど、立浪はその頃からホンマに上手かった。

片岡:普通、PLの1年生は、最初に練習に参加した時はビビッてボールにかすりもせんけど、立浪はポンポン打ち返していたもんね。あの清原(和博)さんが「ええフォームしとるな」と褒めていた。あるときは準備運動もなく代打に出て、弾丸ライナーでホームランを放ったこともあった。

大西:天才ですね。

橋本:それに、あいつはファミリーやったしな。

──ファミリー?

大西:PLにはファミリーとVSって言葉があるんです。監督やコーチに好かれる人はファミリー、反対がVSで何かと冷たく扱われる。僕は入学時はVSで、最後はファミリーでした。

片岡:僕は長くVSやったけど、立浪と仲がよくてファミリーになった。

橋本:僕は筋金入りのVS。怒られてばっかりや。

片岡:橋本が褒められたのは見たことないな。甲子園の準々決勝で初回、三者三振でも怒られてたもんな。

大西:アハハハハ。

片岡:三振に取った瞬間、橋本が電光掲示板を振り返ったんや。

橋本:当時は高校野球でスピード表示はなかったんやけど、プロになった気分で、つい見てもうた(笑い)。それで監督から「プロに行きたきゃテメエだけ行けばいいんだよ」と怒られた。

片岡:お前、名前で呼んでもらったことないやろ。

橋本:ないね。「テメエ」か「コノヤロー」やね。

片岡:一方の立浪は、部で御法度とされる見逃し三振をした後でも、監督から「タツ、スライダーか?」って聞かれるだけ(笑い)。凡打しただけでも謝ってた僕からしたら羨ましかった。

橋本:まあ監督は1人1人の性格を見ていたんやろうな。立浪はいつも冷静で、しんどそうなところを見せないヤツやったし。

片岡:当時、苦しい時や辛い時は、寮の屋上へ上がって皆で泣いていた。「しんどいなァ」「辞めてやろうかな」とか愚痴をいってね。でも立浪だけはそんな時でもマスコットバットを振っていた。

 ある時、僕が実家の京都のほうを眺めながらしみじみ泣いていると、立浪がやって来て「片岡、そっちは和歌山や。京都は反対や」と教えてくれた。お前、どんだけ冷静やねんと思ったね(笑い)。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森永卓郎が史上最強と呼ぶファミマでTカードとJALカード併用
浅草キッド 若い頃に『ファミスタ』原因で解散の危機に面した
ファミマにドラッグストア一体型店舗が増加中 薬と食材購入可

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。