ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「江川と西本の人間関係は険悪ではなかった」定岡正二が証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 江川卓と西本聖。“怪物”と呼ばれ高校時代から注目を浴び続け、ドラフト外でプロ入りし“雑草”と言われた対照的な二人は、1980年代の読売巨人軍を支えエースの座を争った。1981年の開幕投手は前年14勝の西本がつとめ、その年、西本は18勝、江川は20勝をあげている。その年の「沢村賞」は下馬評では江川が有力視されていたが、表彰されたのは西本だった。これを契機に江川は西本をライバルとして意識し始めたという。

 ただ意外にも、「人間関係は険悪ではなかった」と証言するのは、江川、西本とともに、巨人の先発3本柱を形成していた定岡正二だ。

「僕と西本は江川さんのことを“卓ちゃん”と呼んでいました。最初はどう接していいか複雑でしたけどね。僕と西本は高校から入ったからプロでは先輩。でも学年では江川さんが上。おまけに江川さんの入団の経緯があんなでしょう。西本と“何て呼べばいいのかな”なんて話したのを覚えています。最初は“ねえねえ”とか呼びかけて誤魔化していました。

 でもキャンプで接すると、意外といい人じゃないかということになった。すぐに打ち解けていきました。ライバルといっても、成績に関してだけのことですよ」

 西本も認める。

「卓ちゃんと呼んだのは、他に呼び方が思いつかなかったから(笑い)。キャッチボール、ランニング、体操と、いつも江川さんと一緒にやっていました。ただ、不思議と食事には行きませんでしたね。ゴルフはよく一緒にやったけど」

 江川と西本のライバル関係には、まだまだ物語がある。詳細は現在『ビックコミックスペリオール』(小学館)に連載中の漫画『江川と西本』(森高夕次・星野泰視。第1巻発売中)に描かれている。

(文中敬称略)

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江川卓と西本聖 意地張り合い300球超も投げ捕手が強制終了
原監督と江川氏 ゴルフ会員権売買巡り“犬猿の仲”になった
名将・川上哲治氏と西本幸雄氏の違いは決断力と現役時の威光

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。