ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇団四季 最新ミュージカル『アラジン』稽古公開、豪華絢爛でパワフルな舞台に期待高まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年3月にブロードウェイで公開、第68回トニー賞では5部門にノミネートされ、最優秀助演男優賞を獲得したミュージカル『Aladdin』が劇団四季によっていち早く日本上陸。5月24日の公開に向けて公開稽古を行った。

 1992年に公開され、爆発的なヒットとなった映画版『アラジン』だが、実はこの映画公開前からミュージカル版『アラジン』の構想は練られていたという。砂漠の王国アグラバーに住む青年アラジンと、王国の姫ジャスミンとのラブストーリーを軸に、狂言回しとして大活躍のランプの精ジーニー、そして王国支配を企む大臣ジャファーらのエピソードが織り込まれた壮大な物語となっている。

 劇団四季とディズニーの提携作品第5弾のミュージカル『アラジン』は、1992年公開の劇場版長編アニメーション同様、アラン・メンケンの作曲。舞台化にあたって、名曲「フレンド・ライク・ミー」やアカデミー賞を獲得した「ホール・ニュー・ワールド」などの映画使用曲はもちろんのこと、未発表曲や新制作の楽曲もプラスされ、中東の目も覚めるような色彩で彩られた、豪華絢爛な舞台と相まって見応えたっぷりだ。

 4月28日の稽古場公開では、ジーニーが物語の世界へと誘う幕開けのナンバー『アラビアン・ナイト』、主人公アラジンと親友3人、そして町中がともに歌い踊るナンバー『バブカック、オマール、アラジン、カシーム』を披露。その躍動感たっぷりの振り付けとハイレベルなパフォーマンスが、アラビアン・テイストなカラフルな小物や衣装で彩られ、夏に見るにぴったりなパワフルさを醸し出していた。

 取材会では、この四季版がブロードウェイとはひと味違う、日本上演版ならではの作品となっていることを明かされるなど、更に期待が高まるミュージカル『アラジン』は、5月24日東京・大同生命ミュージカルシアター 電通四季劇場[海]にて開幕する。チケットは2016年5月31日(火)公演分まで発売中。text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

ダレノガレ明美、筧美和子ら登場 『インサイド・ヘッド』スペシャルショーに34000人が熱狂
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、最新映像を解禁
最小にして最大のアクションエンターテイメント、映画『アントマン』公開日決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP