ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気鋭アーティスト輩出のmograg garage移転決定!ラスト飾る豪華展覧会

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「GOOD BYE garage EXHIBITION」
東京・国分寺にあるアートスペース・mograg garageが、今夏の移転にともなって、現スペースで最後となる展覧会「GOOD BYE garage EXHIBITION」を5月8日(金)から10日(日)に渡り開催する。

参加作家は、mograg garageのディレクターでもある沖冲.さん、「ねぎ姉さん」「寿司 虚空編」などで知られる漫画家の小林銅蟲さん、 三戸なつめさんの「前髪切りすぎた(たわし篇)」のMVなどを手がけた映像作家の坂本渉太さん、ドット絵などの手法で作品を制作するイラストレーターのたかくらかずきさん。アニメーション作家のひらのりょうさんなど、過去に同スペースで展示を行った作家30名以上。

3日間の大クロージングパーティーとして開催する。

個性的な作家陣、6年間を振り返る展示&パーティー

mograg garageは、2008年2月、ガレージを改装した小さなアートスペースとして誕生。以降6年間に渡り、さまざまな感性を持ったアーティストたちが展示を行ってきた。

今夏、7月20日(月・祝)に予定している新天地でのリニューアルオープンにともない、3日間だけの最後の展覧会を行い、いったん幕を降ろすことになる。

参加作家は、前述以外にも、美術集団・カオス*ラウンジのメンバーである藤城嘘さん、画家の野村康生さん、美術家のはまぐちさくらこさん、でんぱ組.incのジャケットなどを手がけたアーティストのICHASUさん、「ルミネ×エヴァンゲリオン」の広告ビジュアルなどを手がけた河村康輔さんなど、多方面で活躍するアーティストが集結。

開催中の3日間は、クロージングパーティーも併催。普通のギャラリーとは一線を画した、「ガレージ」という味のある場所で、強力作家陣が一堂に会す特別な企画となる。

引用元

気鋭アーティスト輩出のmograg garage移転決定!ラスト飾る豪華展覧会

関連記事

唯一無二のドット世界へ! たかくらかずき個展「やばいゲームセンター」
最先端のトップランナー年鑑『映像作家100人 2015』 10年を振り返る
6畳に作家60人! 公開搬入サウンドインスタレーションが絶対ヤバい

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP