体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憧れの武器工場へ潜入! 大剣やハンマーをつくり続ける男とは?

憧れの武器工場へ潜入! 大剣やハンマーをつくり続ける男とは?

ニコニコ超会議2015の様子 左からjetだよ、あおいたん、(○д○透)、レアレア
みなさん、こんにちは! ユーザー記者ユニット・JASTのあおいたんです! 私は普段、記者として、自分で取材してきた動画をニコニコ動画に投稿しています!

さて、突然ですが、みなさんはアニメやゲームに出てくる剣や槍などの武器に憧れたことはありませんか?

実はニコニコ動画の世界には、有名ゲームやアニメに登場しそうな武器を実際につくってしまう、Rare-worksさんという、実物大空想武器展示サークルがあります。

Rare-worksさんがつくる武器は、いかにも少年心をくすぐる武器が多く、圧倒的な大きさと迫力が魅力的。

これまでも「ニコニコ超会議」や「ニコニコ町会議」「闘会議2015」など、さまざまなniconicoのイベントに登場し、数多くの来場者を驚かせてきました!

というわけで、早速ですが、今回はRare-worksさんが実際に武器を製造している工場へ潜入してきましたっ!!!

あのゲームに出てきそうな巨大武器製作現場に潜入っ!

【ニコニコ動画】あのゲームに出てきそうな巨大武器製作現場に潜入っ!

案内された場所は、普通の一軒家。

私たちが案内された場所は、普通の一軒家。まさかここで武器を……? と疑問に思いつつ、扉をあけると、そこには無数の工具で溢れ返した机や機械が並んでいました。

今回案内していただいたRare-worksのレアレアさんに話を聞いてみると、趣味である武器製造のために、一軒家の平屋を製造工場に改造。ここに引っ越す前は、ワンルームの社宅の廊下にブルーシートを引いて製造していたそうです。

武器倉庫に潜入っ!

ということで、早速作品を見せてもらうために、武器倉庫へ案内してもらいましたっ!

武器倉庫には、武器の重さに耐えられるよう、鉄パイプによって固定されている大剣3本と、巨大ハンマーが…! す、すごいっ……!

どれも重量3~4kgはあり、片手で持つのは男の人でも難しいとか……。

こちらは、Rare-worksさんオリジナルの武器「100tハンマー」。100tと書いてありますが、実際の重さは約10kg。それでも中々の重さで、樽部分だけならなんとか持てますが、取っ手をつけると……かなり重い! 棒が折れてしまうのではないかとハラハラさせられます。

c947d0cc973bba6814f097a163f53969.jpg

実際に塗装してみた!

d52596e592d9be938dc5a4c41129f4ca.jpg

レアレアさんに、これまでの過去作品を見せてもらったら、だんだんと私も武器がほしくなってきました。

そこで、ちょうど私たちが潜入した時に補修中だった武器「アッパーブレイズ」の塗装に参加させていただくことに…!

18e16e9c3bece40be930cd274fc44c7c.jpg

ちなみに、約1週間でここまで制作したそうです。

材料費は約1万円。一番高かったものは、意外にもスプレー缶だそう!

工場の中には、塗料の臭いが充満。換気しているものの、あまりの臭いに耐えられず、ダウンしてしまう人もいるとか……。

あおいたん なんでゲームの中に出てくる武器をつくろうと思ったんですか?

レアレア その当時、ニコニコ動画でゲームにでてくる大きな武器を、実物大でつくる様子を映した動画が流行していて、それを見て、自分もつくってみたい衝動に駆られたのがきっかけです。

実際につくってみてイベントに展示してからは、見にきたお客さんが武器を持ってくれて、とても楽しそうに喜んでくれるんです。武器と一緒に撮影した写真をSNSに載せてくれたりする方もいて、嬉しかったですね。

その姿を見て以来、イベントごとに新作をつくり続けています。今はすでにある作品の二次創作物がほとんどですが、将来的には、オリジナルデザインの大剣や、実物大の武器のレプリカを制作・販売を目指して活動しています。

JAST☓Rare-worksの武器

実物と見間違う程の武器をつくってしまうRare-worksさん。ここで、無理を承知でとある頼み事をしてみました!

あおいたん 私が描いた武器をつくってください!!!

そう、とある頼み事とは、私が事前に書いてきた絵をもとに、武器をつくってもらうことでした!

しかも、レアレアさんが今までにつくったことのない……をオーダー。JASTの“J”とRare-worksの”R”をイメージした鎌になっています。

200c6ab6e98d5c67190883dad785ec0c.jpg

レアレア ちょっだいぶ丸投げじゃないですか!?

デザイン画とは呼びがたい絵に苦笑するレアレアさんでしたが、快く引き受けてくれました!

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy