ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玉袋筋太郎、『マッドマックス』を語る!「男は孤独で寡黙、身を犠牲にするんだよ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年6月公開洋画部門で早くもナンバーワンの期待値となっているという『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の公開を祝い、「100回は観ています。一番人生で観ている」と同シリーズを愛してやまない玉袋筋太郎(浅草キッド)にインタビュー。”『マッドマックス』生誕祭”イベント終了後の玉ちゃんが、「若い世代にも観てほしいねえ」と愛を語った!

「いやあ、もう大丈夫ですね。これで成功が担保されましたね!」と、イベントで本作の特別映像を観た感想を語る玉ちゃん。オールドファンも納得の最新映像に、興奮気味だ。「僕も、最初は心配だったんですよ。インターセプターが転がっているカンジを観て、おいおいと(笑)。でも、心配はなくなったね。ファンってのはね、心配するモンなんですよ」。

ポイントは現代にも残る”アナログ感”だ。「全部CGだけじゃないわけよ。砂埃! 必要じゃない、『マッドマックス』には。むせかえるようなさ。ありゃ祭りですな。前に”エピソード1″みたいなことがあったから心配でさ。あんなガッカリだったことはないよ(笑)」。

玉ちゃんが長年同シリーズを愛して止まない理由には、やっぱり主人公マックスの存在がデカい。「このシリーズはさ、来るべき時代かもしれない世界でサバイバルしているところ」がカッコいいと言う。「マックスって、孤独じゃないですか。ついつい群れたがる、たけし軍団なんて群れているようなモンだけど、マックスは寡黙に孤独に立っているわけよ。男って言うか、この映画の主人公には寡黙であってほしいじゃない? 身を犠牲にするようなことを、しなくていいことまでしちゃう、あの寂しいカンジね(笑)。あれがいいのよ!」。

確かに、今の日本は”つながって”いないとダメ的な雰囲気が強い。「そう。いまさ、ネット社会でつながっていなきゃ嫌だ! みたいな時代じゃないですか。そうじゃねえよと。マックスがLINEやってたら、オレ嫌だよ(笑)。平和ボケしちゃったんだよね。わくわくする感じがいいじゃない。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は呼び戻してくれるよ。」

その最新作、もちろんオールドファンに響くが、「直撃世代じゃねえ、若い世代にも観てほしいねえ」と玉ちゃんは熱弁する。「こっから入って、『マッドマックス』シリーズをさかのぼってほしいねえ。だから公開日が来るまで、若い世代にいっぱいアピールしたいね」。

https://youtu.be/zenRD8CNaJ0

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』6月20日(土)より、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他、2D/3D & IMAX3Dで公開

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

■参照リンク
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/

関連記事リンク(外部サイト)

パッキャオvsメイウェザー、世紀の対決がネット上で賛否両論 国民総ボクシング評論家状態に
死闘!巨大バッファローVSライオン2匹 繰り出すコンビ攻撃に衝撃の結末【動画】
赤ちゃんに本を見せたら、いちいちモノすごい表情になって可愛すぎる【動画】
野生の子グマが車の窓越しにエサをねだりに来て可愛すぎる【動画】
可愛すぎる!『アベンジャーズ』がセサミストリートのキャラだったら?【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP