ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

室井滋 今でも『花子とアン』の仲間と伊原剛志の店で食事会

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本海にトロッコ電車、立山連峰など、地元・富山に縁のある模様があしらわれた艶やかな着物に身を包んで登壇した室井滋さんは、その日いちばんの笑いを提供した。

「本当にいろんなところから、素敵な賞をもらったんですねと言われて喜んでいましたところ、ご近所の奥様たちも『おめでとう』『おめでとう』とおっしゃるので、ああ、ご近所の人もみんな知ってるんだわと思ったら、北陸新幹線のことだったんです(笑い)」

 それは3月27日に行われた第36回松尾芸能賞贈呈式でのこと。室井さんは2014年に放送されたNHK連続テレビ小説『花子とアン』への出演で、優秀賞を受賞した。

 室井さんは、吉高由里子演じる村岡花子の母親・安東ふじ役を務め、大正・昭和戦前期を生きたひとりの女性を熱演した。その『花子とアン』のメンバーからも今回、お祝いメールが届いたという。

「脚本家の中園ミホさんをはじめ、スタッフや共演者のかたがみなさん、喜んでくださいました。今でもみんな仲がよくて、時々集まって、おっとうのお店で食事会をしたりしているんです。また何か今回のお祝いをしてくださるっておっしゃっていたので、楽しみにしているところです」

“おっとう”というのは、室井さんの夫を演じた伊原剛志のこと。室井さんの娘・ももを演じ、目下、連続テレビ小説『まれ』のヒロインを演じる土屋太鳳もメンバーだ。

 彼女は今でも室井さんのことを“おっかあ”と、役柄同様に呼ぶのだとか。

「太鳳ちゃんは今、いろいろ忙しいはずですが、今回もおめでとうってメールをくれました。朝ドラは年齢を経ていくような役柄になりますから、そういう時はおっかあのことを思い出しますって」

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
室井滋 事実婚を続ける理由は「室井」という姓へのこだわり
朝ドラで農家役の室井滋 実生活でも家庭菜園・野草採取する
室井滋がマグロ仲買人、麻薬Gメンなど、プロに斬り込んだ対談集

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。