ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

替玉をそのまま食べるのが流儀! グルメ通が絶賛する無化調ラーメン屋 / ろく月

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特製 豚白湯
880円

化学調味料をいっさい使用していないラーメン屋が増えている。しかしながら、残念なことに、その味は中途半端なケースが多い。まずくはないが、ラーメンとしての完成度が低く、満足度が低いのだ。

・さまざまな驚きを与えてくれる
そんなガッカリを経験した人こそ、『ろく月』のラーメンを食べるべきだ。化学調味料を使用しているかどうかは関係なく、さまざまな驚きを与えてくれる完成度の高いラーメンがそこにある。

・化学調味料をいっさい使用しない
スープは思ったよりもサラサラで、スウーッと飲める。しかし、後味の満足感が半端ではない。化学調味料をいっさい使用しないことに徹しているため、極限まで食材の旨味を抽出することに力を注いだ結果が、この満足感なのだ。

・味覚を喜ばせることが可能
実際に『ろく月』でラーメンを食べた人たちはこう語る。「スープがサラサラっとしてるのに濃厚なんだよ」と。その理由は、ダシが持つ本来の旨味だけを生かしたラーメンだから。強引な塩分や、過剰な化学調味料でブレを調整せずとも、味覚を喜ばせることが可能なのだ。

・濃厚なスープに爽やかな風を呼ぶ
食べて心地よい感触が伝わる麺も高評価したい。力をくわえると「ブツブツ!」という振動とともに、小麦の香ばしさが広がる。それが食材のダシによって旨味に変化。具の野菜は「生の食感」を残して仕上げているため、濃厚なスープに爽やかな風を呼ぶ。

・ガツンとくる強い旨味が訪れる
替玉には、もともと味がついているタイプのものがあり、スープに入れる前にそのまま食べるのが流儀。まさにこれ、まぜそばのような感覚。シンプルがゆえに、その美味しさもストレート。素朴でありながら、ガツンとくる強い旨味が訪れる。

ろく月
住所: 東京都台東区浅草橋2-4-5
時間: 11:30~14:00 18:00~21:00
休日: 日祝

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/05/04/roku/
Via: ろく月

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP