ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「靴履かせ」に「腰グイ」実現できたら恋愛レベル高め!?  映画『シンデレラ』に学ぶ“モテしぐさ”とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


在大ヒット公開中のディズニー映画『シンデレラ』。古典的なラブストーリーと思われがちな作品ですが、意外や
意外、その実態は実践的なモテしぐさの宝庫! 劇中に登場する、今すぐしたい・されたいアクションの数々を、実現度別にピックアップしました。実現できたその時は、あなたの恋愛レベルもアップしているかも?

【ふわりと裾を揺らすだけ!「シンデレラ・ターン」】

舞踏会に行くために、フェアリー・ゴッドマザーが魔法のドレスを授けてくれる変身シーンは、映画の見どころのひとつ。シンデレラはキラキラ輝く魔法の光を浴びながら、幾重にも生地を重ねた立体感のあるドレスの裾を、くるりとまわるようになびかせます。あまりにも美しいそのポーズ、これから世の女性たちにこう呼ばれることでしょう、「シンデレラ・ターン」と!

「ドレスの裾をなびかせる」というアクションは、優雅でありながら日常生活でも取り入れやすいしぐさでもあります。たとえばスカートを履いて、彼との待ち合わせでくるくると「シンデレラ・ターン」。男性は本能的に“揺れるもの”に目を奪われる習性があるそうです。ただスカートの裾を揺らすだけで、妙にグッときてしまう男性も少なく無いとか……。今すぐボリューミーなスカートを準備して、これみよがしにくるりくるりと、「シンデレラ・ターン」を決め込みましょう。

【仕向けるのは至難の業!「ひざまずいて靴を履かせる」】

ふとした瞬間に脱げてしまったシンデレラのガラスの靴。それを拾い、目の前でひざまずいて履かせてくれる王子様…。映画には、そんな多くの女性が心の「いいね!」を押したくなること必至のシーンが登場します。大人になると、「誰かに靴を履かせてもらう」機会はなかなかないもの。ましてや「男の人にひざまずいて靴を履かせてもらう」となると、そのハードルは一気に高まります。

手始めに、デパートの靴売り場で靴のためし履きをするところからはじめるのがおすすめです。親切な店員さんが、あなたの前にひざまずいてそっと靴を履かせてくれる…その体験をしっかりと脳内にインプットしておきましょう。あとはきっかけづくりのみ。気になる彼の前で突如バランスをくずしたり、足の不調を訴えたりして気を引きましょう。そして「靴が脱げてしまった」風を装えば、彼が靴を履かせてくれるかもしれません。あなたのポテンシャルか、彼の優しさか……。どちらが作用するか見ものです。

【草食男子全盛期において奇跡!「腰グイを経て密着させる」】

華やかな舞踏会で、運命に導かれるように再会したシンデレラと王子。(そう、映画『シンデレラ』では、実はふたりは舞踏会で初めて会うわけではないのです)いざダンスをはじめようと向き合ったところ、王子が突然モテしぐさを披露!なんとシンデレラの腰をグイッと引き寄せ、自分の体に密着させてしまうのです。

「壁ドン」や「腕グイ」を遙かに凌駕する大胆なアクション、さらに予告なしに突然実施されるサプライズ性も相まって、「これで落ちない女性がいるのだろうか」とうろたえてしまうほどに強烈です。現代は草食男子全盛期、自らアプローチをかけてくる勇ましい男性は多くないと聞きます。そのため、「腰グイ」を経て体を密着させるなんて、もはや奇跡に近い行為といえるでしょう。もしも体験できたとしたら、あなたはとてつもなく魅力的な女性に違いありません。思わず「腰グイ」させてしまうほど、たまらないイイ女なのでしょう。まだ未体験のあなたは、彼の前であえてつれない素振りを見せるなど、相手をハラハラさせるような態度で “釣って”みるのもひとつの手。「俺を見ろよ」と言われんばかりに「腰グイ」に誘導できるかもしれません。

最後に、『シンデレラ』から学ぶ最強のモテしぐさをひとつ…。王子のもとにガラスの靴を片方だけ残していったシンデレラよろしく、気になる彼の前に持ち物を置いて去るのです。運が良ければ、それは再会の理由となり、あなたをさらに意識するきっかけになるでしょう。ただし運が悪ければ、だらしない女性だと思われるか、次につなげようとする魂胆を見破られ、あざとい女性だととらえられてしまうことも。窮地に立たされたら、「いま流行ってる『シンデレラ』のマネだから!」と華麗に弁解してみましょう。

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP