ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今からでも間に合う!ゴールデンウィークに行きたい公園7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春真っ盛り!自然と足取りも軽くなるこの季節。
ここで紹介するのは週末のおでかけにオススメのスポットです。

01.
国営昭和記念公園
(東京都立川市)

東京都立川市と昭島市にある日本の国営公園。165.3 ヘクタールの広大な土地に、プール、日本庭園、サイクリングコースなどがあって、1日ではとてもまわりきれないほど。
2015年3月21日から5月24日はフラワーフェスティバルが開催され、桜、ポピー、菜の花、チューリップなどが楽しめる。

02.
富士本栖湖リゾート
(山梨県南都留郡)

河口湖駅から期間限定で運行する芝桜ライナーで30分の富士本栖湖リゾート。2015年4月18日から5月31日まで富士芝桜祭りが開催される。富士山をバックに一面の芝桜が楽しめる。期間中は富士山うまいものフェスタが開催され、展望カフェ、展望足湯も準備される。

03.
国営ひたち海浜公園
(茨城県ひたちなか市)

大観覧車やジェットコースターなどのアトラクションから、草原、樹林、砂丘などの大自然まで、家族でも友達同士でも楽しめるエリアがいっぱいの公園。2015年4月25日から5月17日まで開催されるネモフィラハーモニーの期間中は「みはらしの丘」をライトブルーのネモフィラが埋め尽くし、まるで絵はがきのように幻想的。「どこでも成功」という花言葉も持つネモフィラ、そのパワーにあやかってみたくなる。

04.
羊山公園
(埼玉県秩父市)

毎春開催される芝桜まつりで有名な公園。期間中は芝桜の丘が白からピンクのグラデーションに染まる。公園は中央部にある小さな谷を境にふたつに分かれる形になっており、南側は「芝桜の丘」はそ北側のブロックには「見晴しの丘」などがある。

05.
ハウステンボス
(長崎県佐世保市)


言わずと知れた長崎県にあるオランダを。2015年4月14日から6月30日までは春の光の王国、5月8日から6月8日までは111万本のパラ祭、6月6日から7月6日まではあじさい祭、同時に花と音楽を楽しむ音楽祭と、美しい花が溢れるイベントが目白押し!

06.
万博公園
(大阪府吹田市)


日本万国博覧会(大阪万博)の跡地を整備して作られた公園。広場、スポーツ施設、文化施設がある。
2015年4月11日から5月06日まではポピーフェア、5月中旬から6月上旬まではローズフェスタが開催される。

07.
あしかがフラワーパーク
(栃木県足利市)

花の芸術村と呼ばれ、8つの花の季節をテーマに季節感あふれる庭園が作り込まれている。それぞれのテーマに合わせ数百種の花木が季節をいろどる。4月中旬~5月中旬は藤・ツツジ・シャクナゲが満開となる藤の花物語、5月中旬~6月上旬はバラ・シャクナゲ・クレマチスが美しいレインボーガーデンが開催される。

日本の四季の美しさを感じる週末はいかが?

Top photo by moco747 

関連記事リンク(外部サイト)

まるで異世界のような美しさ・・・。世界最大の洞窟「ソンドン洞」にドローンが侵入
【話題殺到】まるで、星が落ちてくるよう。日本で最も美しい「阿智村の星空」
超大型サイクロンに被災した僕が、それでもバヌアツ暮らしをオススメする「10のワケ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP