体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大学に行く?それとも旅に行く? どちらかしか選べない場合に「海外」を選ぶべきワケ

150428_passport-or-college

「いい大学を出れば、いい就職先に結びつく」というのは、もう通じなくなっているのかもしれない。いまや「大学卒業」という経験の持ち主は掃いて捨てるほどいる。

passport

教育、法律、医療など特定の分野でもない限り、ほとんどのひとが学位と関係のない仕事をすることになる…。

この状況に立ち向かうにはどうすればいいのか?もしかしたら若い時は学位をとるよりもパスポートを取って海外にいくことの方が価値があるかもしれない。ここで唐突だが、下記にリストアップしたことを読んで考えてほしい。学位とパスポート、9つの違いを見て欲しい。

・学位の習得は就職の道を拓く
・パスポートは世界への道を拓く

・学位はあなたの数年分の蓄えを必要とする
・パスポートは110米ドル(日本では5年間有効なものは11,000円)

・学位はキャリアについて考えるための4、5年をもたらす
・パスポートは人生について考えるための4、5年をもたらす

・学位はあなたの履歴書に書ける
・パスポートには出入国スタンプがおされる

・学位は雇用主の管理下にあなたを連れていく
・パスポートはあなたを世界に旅立たせる

・学位は仕事の終わらせ方を教える
・パスポートは世界にあるこれからやるべき仕事をあなたに教える

・学位はあなたがたくさんの試験を受けたことを示す
・パスポートはあたながたくさんのリスクをかいくぐってきたことを示す

・学位はあなたのプライドを満たす
・パスポートは一生の思い出になる

「どちらかひとつを選ばなければならないなら、パスポートを選ぶ」

passport

そう答えを出すのは、Elite Dailyのライターであるグローリア。彼女は、世界に旅立ったことで、自分の世界観が変わり人生をよりよい方向に進めることができたと語っている。

パスポートは、
人生への投資になる

彼女は学位を持っているが、人生において重要なことは教室の外に転がっていて、特に海外に出て、自分とはまったく異なる文化やライフスタイルで生きる人たちに接することで、学位では得ることのできない人生への投資ができたと言う。

確かに旅に発見や冒険はつきものだが、彼女がそこまで言う理由は、どのような経験からきているのだろう?

passport

仕事を獲得するのに、学位は関係なくなってきている。他の学生と差別化はされない。その機関のスタッフが彼女に興味を持ったのは、これからの学生はきっと当たり前のようにしているであろう、海外経験だと彼女は考えている。海外経験により培った柔軟性で、学生でありながら、スタッフとの円滑な関係構築がかなったのだ。学位と海外経験に加え、彼女がそれまで学位と関係なく、好きで取り組んでいたメディア制作や写真のためのデザインスキルはスタッフの期待を十分に満たすものだった。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy