ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生誕60年、ミッフィーの故郷ユトレヒトで「ミッフィー三昧」してみよう。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中の子供から大人まで、多くの人々から愛され続けている絵本の「ナインチェ・プラウス(Nijntje Pluis)」。日本では、英語名の「ミッフィー」または「うさ子ちゃん」として親しまれています。

ミッフィー誕生のきっかけは、オランダ人グラフィックデザイナーであったディック・ブルーナーさんが、休暇中の別荘の庭で見かけたうさぎを題材にしたお話を、当時1歳のご子息に話して聞かせたことと言われています。

1955年、シンプルな輪郭と鮮やかな原色使いでミッフィーを描いた絵本を出版し、子供たちを中心に人気が広がりました。時代を経て、ミッフィーのデザインは少しずつ変わってはいるようですが、描き始めの原点は保たれています。

ディック・ブルーナーさんのこだわりは、ミッフィーの描き方のみならず、様々なところに出ています。例えば、1冊の絵本は24ページで構成され、右ページにはイラスト、左ページには文が書かれています。また子供向けであることを前提に、16㎝×16㎝の正方形という独特な小さなサイズの絵本となっています。

ミッフィーを主役とした絵本については、これまでに32冊が出版されています。そしてミッフィーが初めて海外に出たのは1960年代。英国と日本に上陸して以来、現在までに50以上の言語に翻訳され、世界中で約8500万の本が販売されました。

残念ながら、ディック・ブルーナーさんは昨年引退宣言をされ、今後新しい絵本が出ることはありません。ただ引き続き、世界中の人々の心で生き続けていくことでしょう。

さて2015年は、このミッフィーが生まれて60年目となります。そこで、ディック・ブルーナーさんが活動をし続けたユトレヒトでの、ミッフィーゆかりの地を巡ってみましょう。

まずは、ユトレヒト中央美術館の別館である「ディック・ブルーナーハウス」です。ここには7000点にも及ぶブルーナーさんの作品(絵本、ポスターなど)が収められています。展示室の1つには、四方の壁に世界各国で出版されている絵本が敷き詰められており、なかなか見応えがあります。

またビデオやオーディオにより、ブルーナーさんの紹介や仕事風景、作品についてなどを学ぶことができます。

その他、ブルーナーさんワールドともとれる子供の遊び場や、ミッフィーを中心としたブルーナーさんの絵本のキャラクターたちのグッズ売り場もあり、ミッフィー好きなら大人も子供も存分に楽しめる場所です。

但し、こちらの「ディック・ブルーナーハウス」は、2015年7月5日で一たび閉館となり、12月に「ナインチェ美術館」として生まれ変わることになっているとのこと、訪問される際には注意が必要です。

また、生誕60年を記念した特別企画もあります。そのうちの1つがアートパレードです。180㎝の高さのミッフィー60体に対して、オランダ・日本のアーティストがペイントを施しました。

このデザインミッフィーの一部が、ユトレヒトの町中にも展示されています。ミッフィーらしさを感じられるデザインから、先鋭デザインまで、様々なミッフィーを楽しんでみましょう。

こうした特別展示以外にも、町では様々な形のミッフィーが潜んでいます。例えば、信号機の中であったり、お菓子屋さんのチョコレートになっていたり。町を歩きながら、探してみるのも、なかなか面白いものです。

そして最後のゆかりの地は、ディック・ブルーナーさんが、アトリエに出勤される前に欠かさず通ったとされるカフェ「カフェ・オルロフ(Cafe Orloff)」。

今はお仕事を引退し、高齢になられたため、ほとんどいらっしゃることはないそうですが、かつてのブルーナーさんの毎日の活力になっていた場所で、美味しいオランダコーヒーを堪能してみるのも、ミッフィー巡礼の記念になるでしょう。

オランダ・日本共に盛り上がりを見せる、ミッフィー生誕60周年。ぜひミッフィーが育った町も訪れてみてはいかがでしょうか?

参考ページ:
ナインチェ専用サイト(オランダ語/英語)
http://www.nijntje.nl/
ナインチェアートパレード(オランダ語)
http://www.nijntjeartparade.nl/

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP