ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅田舞の「東京都港区在住」嫌いに共感! あの自慢気な「ドヤ顔」に疑問あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

僕は早起きが苦手なので、朝よりも夜に放送されている番組ばかり観ている。だから必然と、思うところがあってコラムを書く対象も、夜間に放送されている番組ばかりだ。

4月26日に放送された「トーキョーライブ22時~ニチヨルまったり生放送中~」(テレビ東京系)が、放送翌日にちょっとした話題となった。この番組に出演していたフィギュアスケーターでありタレントとしても活躍している浅田舞が、東京都港区に対して複雑な心中を吐露していたのがきっかけだ。
名古屋出身の彼女には自慢気に感じるのか

この日のテーマは「東京が苦手な芸能人」。浅田は、「港区出身の人物はドヤ顔で港区に在住していることを宣言する」と発言した。特に六本木に対して抵抗があるようで、価格の高い六本木ヒルズで「わざわざ女子会をする意味が分からない」とも。

確かに港区といえば六本木があったり青山や赤坂があったり、麻布や白金台や東京タワーがあったりして都会的でハイソなイメージがある。その港区に住んでいる人が自慢気に見えて、名古屋出身の彼女からすると、なんとなく苦手意識を持ってしまうのだろう。

僕は新潟在住者だけど、取材や打ち合わせで都内をうろつくことが多い。港区にも立ち入るんだけど、僕もあの付近を歩いていると、自分が田舎者に見られているのではないかと気後れする(田舎者だけど)。だから浅田の言うことがよく分かる。
世界は「港区」を中心に回ってると思っているのか

港区在住の人と話をしていて、ちょっと気を抜くと、なぁんか会話が港区寄りになってると感じることもある。「港区で外食は選択肢にないなあ」と言おうものなら、もう止まるところを知らない。

「ええ!? もったいない! 港区に足を踏み入れるんだったら『○○○』とか『×××』には行かないと! あたしだったら『△△△』のコース料理が云々…」

こう強く押されると、つい「コイツは世界が港区を中心に回っていると思っているのか?」とウンザリしてしまう。そんな浮ついたことを言ってるけど、あなたたちだって元は田舎者じゃないですか。

しまいには僕の勝手な被害妄想から、港区在住の人物に取材を申し込むとき、「あ、なんかコイツ『港区在住の俺が話をしてやるぞ』とか思ってんじゃんねえか?」とか思っちゃうことまである。それほど、僕にとっても港区は鬼門なのだ!
私たちの故郷愛が「何するものぞ!」と反発させる

もちろん「考えすぎなんじゃない?」とバカにする人もいるだろう。確かに僕は、自分の故郷が素晴らしいと誇りに思っているし、浅田舞だってそう思っているに違いない。その故郷愛が「東京都港区、何するものぞ!」と反発させるのである。悪いのは港区ではなく、我々なのだ。

その一方で、「自分の故郷を捨てて、何が『港区好き』なんですか? それに偉いのはあなたたちじゃなくて、港区じゃないですか」と言いたくもなる。

たまたま金持ちの夫と結婚できたから、住所が港区になっただけじゃないか。それを、まるで自分の力で勝ち取ったみたいにして…。苦心して手に入れたタワマンだってすぐに手狭になり、実はローンの返済に汲々としている人もいるだろうに。

だからこそ彼らも、突っ張らなくてはやってられないのかもしれない。「聞いてもないのにドヤ顔で港区在住をアピールする」という浅田舞の苦言は、やっぱり根拠のないものでもないと思うのだ。(文:松本ミゾレ)

あわせてよみたい:フット後藤が「ギター芸人」披露!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP