ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャイアンかよ!有名オーディション番組で放送事故「史上最悪のレリゴー」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アナ雪の世界的なヒットによりこれまで様々なオーディション番組や歌番組で「レット・イット・ゴー」を歌う歌手はいたが、イギリスの有名オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』に史上最悪のレリゴー歌いが登場し話題となっている。

https://youtu.be/FMWIqNfgPtg

アーロン・マーシャルというこの男、なぜこの場に立てたかは全く謎だがデス声で「レット・イット・ゴー」を熱唱、辛口のサイモン・コーウェルも苦笑い、アマンダ・ホールデンは思わず口から「出てけよ!」と周りからも失笑の声が置き、サビではデス声を遮るように観客たちが正しいメロディを大合唱。さらに最後にしらふの声で歌うもこれもかなり下手糞!結果的にパフォーマンス自体は大うけ、目立つことには成功したものの、結果はいうまでも無く惨敗。ある意味してやったりだろうか?

ネット上ではこの映像と共に「ボーカルがいなくなったスクリーモバンドのメンバーは彼まで連絡を」とのコメントが寄せられている。

関連記事リンク(外部サイト)

『ドラゴンボール』30周年を記念してファンが作ったアニメがカッコよすぎる【動画】
子猫4匹がモフモフな大ケンカ→ワンコが仲裁にきてリアクションが面白すぎる【動画】
タコベルCMに懐かしの「ニンテンドウ64」絶叫キッズが復活して話題に【動画】
X JAPANの97年解散ライブから「Rusty Nail」「Endless Rain」が公開
​やしきたかじんかよ!超絶ビブラート唱法で歌う電車内の迷惑客が不愉快すぎる

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP