ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薬物中毒を克服したライター。幸せになるための「16のメッセージ」が強い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事を記事を見つけました。タイトルは「あなたが学校で学べなかった人生の真実」。

リスト形式にメッセージを羅列しただけのシンプルな記事ですがなかには「その通り!」と膝打つようなものも。厳選して紹介していきましょう。

 

01.
苦しいことは、誰もが経験している。

02.
年を取ると、カラダに予期せぬ変化が起こる。そして、その変化と共に生きていくしかない。

03.
あなたの人生の一番の親友は、あなた自身だ。早く仲良くなれば、生きることが楽になる。

04.
あなたは自分が思っているよりも、美しく、賢く、そして可能性を秘めている。

05.
「幸福」は、あなたが望み、そうであろうと努力すれば、きちんと比例して手に入る。

06.
何事も「許す」のは苦しい。しかし、一度それができれば、想像以上の自由を獲得することができる。

07.
すべてのことはつながっている。あなたが今乗り越えようとしているのは、大きな絵画の一部でしかない。

08.
不安や恐怖は人生の一部だ。それを乗り越えるのは、人生のミッションだ。


09.
出来る限り、好きなことをやりなさい。それが幸せを見つける最も早い方法だから。

10.
好きなことをやるために、たくさんのお金は必要ない。できない本当の理由と結果にフォーカスすれば、実現可能だ。

11.
自分を一番に考えるのは、わがままじゃない。自分らしくあるために必要不可欠なことだ。


12.
罪の数は何も解決してくれない。心配や不安は未来を変えない。今あなたは持っているものがすべて。今を生きろ!

13.
幸せを先延ばしにすることは、それだけ不幸が続くこと。

14.
経験に投資することは、ものを購入するよりもよっぽど意味がある。

15.
旅をしなさい。途中で道を見つかるかもしれない!

16.
あなたの人生には間違いはない。ただ、あなたが辿り着きたい場所へ行くために、必要な場所にいることだけが大事なのだ。

どうでしょうか? じつはタイトルにもあるように、この記事を書いたライター、シャノン・カイザーさんは、薬物中毒や鬱病、接触障がいから立ち直った経歴を持つ女性だという。

なお、その経験から得た最大な教訓は「続けることと、信じること」だそうだ。

 Reference:MindBodyGreen

関連記事リンク(外部サイト)

「落ちこぼれは、起業家に向いている」。7歳からビジネスを始めた、ヘロルド氏が語る「起業家の育て方」
【朝イチでやりたい!】1日のはじまりを素敵にする「9つの習慣」
幸せになるために。今すぐ追いかけるのをやめるべき「10のコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP