ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あまり深く考えず、とりあえず流されてみる。思考をやわらかくする11の方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150501_think-flexibly-01
本田直之

本田 直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長

一年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなど旅しながら仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。明治大学商学部産業経営学科卒業。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。著書には、ベストセラーになったレバレッジシリーズ(東洋経済新報社)、『LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた』(ダイヤモンド社)、『ゆるい生き方〜ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜』(大和書房)、『本田直之のハワイを極める50の法則』(エイ出版)など、累計250万部を超える。

自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、どんな人でも思考はどんどん固くなっている。

思考を自由にするために、日常を壊そう!
なにをやっても続かない。飽きっぽい。それもひとつの才能かもしれない。

01.
知らない世界をどれだけ目撃するかによって、人生の満足度が決まる。

どれだけ外見にお金をかけたとしても、好奇心のあふれている人の魅力には勝てない。

thinking

02.
旅のように生きる。

自分のやっていることのなにが駄目で、なにが有益か。リミットを決めたときに初めてわかることもある。

03.
定期的に“引っ越し”をしながら人生を創っていこう。

いちど組み立てたブロックをいつまでも大事そうに眺めている子どもより、すぐに飽きて壊して、新しい作品を創りはじめる子どもの方が成長が早い。

classes

04.
ふだんから意識的に「いつも選ばない方」を選んでいないと、いざというときに冒険できない。

自分の自由は、自分から与えるもの。毎日同じ銘柄のペットボトルを買い続ける理由はどこにもない。

05.
自分にいくら才能があったとしても自分が知らない場所では、発揮することができない。

きみがのんびり寝転んでいる間にも、世界のいたるところでとんでもなくおもしろい化学反応が起きている。

thinking

06.
自分から変わる人には自由があるが、変化を邪魔する人には自由がない。

「変えるべきではない理由」を挙げはじめたらきりがない。つべこべ言わずにまずはやってみること。

07.
あまり深く考えず、とりあえず流されてみる。

合わないと思ったらただちにやめればいい。合わないと確認できただけでも、流されてみた価値はある。

thinking

08.
ディテールを自分の目で確かめる。

旅の魅力は、その土地を身体で感じることで初めてわかる。

09.
順調なときこそ、次の準備をする。

「いいとき」が続くほど、「悪いとき」の想像ができる人は強い。

thinking

10.
1時間考え込むよりも、10分移動した方がクリエイティブだ。

一カ所に固まるよりも、移動しながら仕事をした方が効率はいい。アイデアに行き詰まったら、まずは外に出てみることだ。

bottun_honda_150501

関連記事リンク(外部サイト)

自分を守り抜くために、捨てるべき9つのこと〜Life is Artのメッセージ〜
20代の若者に贈る。これからの時代を生き抜くために心得ておくべき「10のコト」
【世界のトップリーダーも実践】初対面で、ゼッタイに行うべき「10の習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。