体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界トップレベルの教育水準!フィンランドが実践する「総合学習」が大切な理由って?

150503_finland

学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを置いていないのだとか…。

じゃあどんな授業やってるの?と思ってしまいますが、どうやら大切なのは総合学習にあるようです。

科目ごとの授業はナシ!
ストーリー仕立ての課題で
実生活に役立つ勉強法を

finland003

海外メディア「QUARTZ」によれば、ノルウェー・オスロにある学校では、1970年代以降に行われた教育改革から、もう40年近くも総合学習を基本とした教育が行われており、それが大きな成果となっているのだとか。

重要視されているのは、科目ごとに専門的な知識を教え込む方法ではなく、ストーリーごとに問題を捉えること。目的のために何が必要なのかを考え、議論し、グループの力で解決していく「やりながら学ぶ精神」のようなものを大切にしているようです。

エベレストを登るためには
「英語」も必要

finland004

例えば、授業ではこんなストーリー型のタスクが生徒達へと与えられます。エベレストを登るためにはどうしたらいいのか?正確なルートを把握するためには、地図を読めなければいけません。また、山の天気は命に関わる大問題。天気図や、気候変動を読む力も必要です。

頂上まで昇るための最短ルートを割り出したり、必要な道具をリストにすることも大事だし、どれだけ時間や予算がかかるのかを計算することも大切です。英語をつかって山を登るための申請を行う必要だってあります。

エベレストを登るというタスクを完了するためには、膨大な量の情報を探し出し、議論を重ねながら解決していく必要があるわけです。それはまさに人生のロールプレイングとも呼べるものなのかもしれません。

finland005

この方法は、教育水準において高いランキングを維持しているフィンランドでも基本的な学習方法として取り入れられているもの。日本でも、一部実践はされていましたが、教える側としても科目ごとの指導ではなく、チームとして総合的にアドバイスを行う必要があるため、実施するには難しい点も多々あるようです。

さらに、その他にも日本と比べると斬新な仕組みがたくさんあります。年間授業日数も少なく、勉強時間も日本と比べて断然少ないフィンランド、子供にとっては天国かも…。

長期休暇中の宿題はナシ!

finland001

日本と比較してどんなところが違うのか、フリーマガジン「WASEDABOOK」ではフィンランド出身で日本での生活経験も豊富な坂根シルクさんの意見が掲載されています。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。