ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケメンに遭遇して胸がドキドキ続く 心臓の病気の可能性も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なんだか怖いのは「胸が痛い」という症状。心臓が悪いのでは? それとも他に理由があるのでは?…などと不安になることもあるだろう、そこで、柴田内科・消化器科クリニック院長の柴田実さんに、「胸が痛い」という症状からどんな病気の可能性があるのか、教えてもらった。

■イケメンに遭遇した途端、心臓がドキーン! 胸が痛む。これは恋だと思いたいけど…

「胸の中で、心臓が躍るような感じがする場合、不整脈が起きている可能性があります。素敵な人にときめいての胸キュンと思いたいかもしれませんが、痛みを伴い、それが続けば心臓の病気の可能性もある」(柴田さん、以下「」内同)

■近頃、動悸がして、なんだか疲れやすくなってきた

「心不全の疑いもあるが、女性の場合は鉄欠乏性貧血、喫煙者なら肺気腫の心配も」

■運動すると、胸が締めつけられるように痛くなる

「階段を上っている時や運動中などに胸が締めつけられるような痛みが起きる場合、重篤な病気が隠れている可能性が高い。2~3分以内で治まれば狭心症、5分以上続く場合は心筋梗塞の恐れも。心臓の病気の場合、肩や歯の痛みなど放散痛を同時に感じることもある。すぐに医師の診察を」

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
心筋梗塞の発症 歯痛や肩、腕、小指の痛みから分かることも
野田議員 生まれた子供の心臓疾患は体外受精が原因ではない
子宮内膜症 痛みがある場合は年齢を重ねるほど症状重くなる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP