ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

HONDA創業者・本田宗一郎の夢を叶えた小型飛行機「ホンダジェット」が待望の完成

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
HONDA創業者・本田宗一郎の夢を叶えた小型飛行機「ホンダジェット」が待望の完成

ホンダが今年アメリカで発売する「ホンダジェット」は、ホンダが30年の歳月をかけて作り上げた7人乗りの小型飛行機だ。2015年4月28日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)は、「ホンダジェット」の開発秘話を独占取材していた。

ホンダにとって、飛行機の開発は創業者である本田宗一郎氏の悲願だ。大正時代、小学2年生だった宗一郎少年は自宅から20キロ離れた航空ショーを「父親の自転車をそっと持ち出して」見に行ったそうだ。それ以来、自分で作った飛行機を空に飛ばしたい、という夢を描き続けた。
30年にわたって米国で飛行機開発に携わる

ホンダジェット開発者の藤野道格さん(54歳)は、東京大学・工学部航空学科を卒業後、1984年、本田技研工業に入社した。最初は自動車の開発をしていたが、入社3年目25歳の時に転機が訪れる。

1986年、ホンダが飛行機の研究開発を開始すると、藤野さんはプロジェクトに参加するよう命じられた。以来約30年にわたって飛行機開発を続け、長年家族と共にアメリカ暮らしだ。

2006年には「ホンダエアクラフトカンパニー」を設立し、藤野さんは社長に就任。4年後には試験用量産型1号機の初飛行に成功した。

アメリカは国土が広いため、仕事の移動手段に「ビジネスジェット」と呼ばれる小型飛行機を利用する。アメリカの建設関連会社オーナーは、飛行機を使う利点をこう話す。

「ビジネスジェットなら、全米中の得意先を1日に何軒も回れますよ。朝出かけたら夜には帰れる。他の交通手段では2~3日はかかってしまいます」

ビジネスジェットの世界市場は2兆6000億円にものぼり、アメリカでは約2万機保有されている。大型機で30億円、中型でも10~30億するが、ホンダが狙うのは4~10億円の小型ジェット機市場だ。「ホンダがやるからには、今までにない技術を盛り込んで今までにない価値をつけたい」と、藤野さんは試行錯誤を繰り返した。
すでに100機以上の注文。欧州展開も

1997年のある日、寝ている時にひらめいたことがある。すぐに電気をつけてアイデアをカレンダーの裏に書きとめた。通常、胴体にあるエンジンを、翼の上に置くという斬新なアイデアだ。

今までの常識からすればタブーな話だったが、ホンダの研究により、逆に空気抵抗が下がるということが発見され、「いける」となった。燃費はライバル会社のものより12~17%良くなった。

しかし「どこに置いてもいいというわけではなく、ここというポイントを探り当てるのが大変だった」と、藤野さんは開発の苦労を語る。このアイデアは、航空業界で権威ある賞をいくつも受賞し、アメリカで特許も取得した。

昨年10月に開かれた世界最大のビジネス航空機の展示会「NBAA2014」でお披露目し、試乗した地元企業の幹部だという男性は、こう絶賛した。

「素晴らしいですね。小さな飛行機に乗るとうるさくて疲れるのですが、快適な乗り心地でした。厳しくチェックしたけど、たぶん買うことになるでしょう」

すでに100機以上の注文が入っており、今後はヨーロッパにも販路を広げようとしている。
日本でも一般公開。目を輝かせる子どもたち

米・ノースカロライナ州のホンダエアクラフトカンパニー本社工場では、ホンダジェットの量産体制に入っていた。藤野さんは製造の現場を見て回り、従業員に気さくに話しかけていた。経営者でありエンジニアでもある藤野さんはこう語る。

「現場の人たちがどういうモチベーションでやっているのか、できるだけ自分の眼で見て話す。そういうことを大切にしています」

今年4月23日には、日本でも初めて一般に公開され、集まった観客は子どもからお年寄りまで「欲しい」「乗りたい」と目を輝かせて話していた。この子どもたちの中から、未来のエンジニアが生まれるかもしれない。(ライター:okei)

あわせて読みたい:ガリバー、日本の良質な中古車をニュージーランドで販売開始
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。