ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江川卓と西本聖 意地張り合い300球超も投げ捕手が強制終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校時代から“怪物”と呼ばれ、注目を浴び続けてきた江川卓。一方、ドラフト外でプロに入団して“雑草”といわれた西本聖。対照的な2人は同時代に、同じチームでしのぎを削った。

 西本は1956年生まれ。愛媛・松山商のエースを務めるも甲子園には出場できず、1975年の卒業後、ドラフト外で巨人に入団。同期には甲子園のアイドル投手・定岡正二がいたこともあり、存在は目立たなかった。

 一方の江川は1955年生まれ。作新学院1年時に完全試合を達成したのをはじめ、高校通算33勝6敗、通算防御率0.41などの驚異的な記録を残して、“怪物”と称された。1978年オフに「空白の一日」を使い巨人と契約したことから悪役のイメージがつきまとい、言動は常に注目を浴びた。

 好対照な2人のライバル関係は語り草である。ともに巨人に在籍した9年のうち8年間、交互に開幕投手を務め、エースの座を競い合った。

 2人の関係を象徴するシーンがある。1979年、「地獄の伊東キャンプ」と呼ばれる秋季特別練習を行なったブルペンで、江川と西本が並んで投げることになった。西本が述懐する。

「たまたま2人が並んで、ブルペン捕手に向かって投げて。最初は別段変わらない普通の投球練習でした」

 しかし100球を超えても両者はやめようとしない。伊東の空に捕手が球を受ける乾いた音が響き続ける。途中から明らかに「普通の練習」ではなくなっていた。西本が隣をチラチラ見る。江川は淡々と投げている。お互い「向こうが終わるまでやめない」と意地を張っていたのだ。最後はブルペン捕手が立ち上がり、「いい加減にしろ」と怒って強制終了。2人とも300球以上に達していた。

「僕は“力のない者が力をつけるには、誰よりも練習するしかない”と思っていた。だから江川さんが終わらなければ終われない。江川さんも僕を意識していたんでしょうね」(西本)

 実は両者は、プロ入り以前に邂逅を果たしている。西本が高校2年の時、栃木に遠征し、練習試合で江川と投げ合った。試合は松山商が江川の前に16三振、完封負けを喫した。

「こんな高校生がいるのかと思った。打席ではボールが浮き上がってきましたからね。今思うと、人生に偶然はなく、起こるべくして起こった出会いだったのでしょう」(西本)

 それから7年後の1979年、2人は同じユニフォームを着ることになる。

「最初に江川さんが巨人に入ると聞いたときは“来るな!”と思いましたよ。僕はようやくローテーション入りを掴みかけていた時期でしたから」(西本)

 この年、5年目の西本は8勝。“ルーキー”の江川は「江川事件」の制裁のため6月の遅れたデビューになったが、いきなり9勝を挙げた。これが西本の心に火をつけないわけはなく、冒頭の伊東キャンプでの投げ合いに繋がるのである。

 江川と西本、両者のライバル関係には、まだまだ物語がある。詳細は現在『ビックコミックスペリオール』(小学館)に連載中の漫画『江川と西本』(森高夕次・星野泰視。第1巻発売中)に描かれている。

(文中敬称略)

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人のエース・江川卓に引退決意させた後輩のサヨナラ本塁打
達川光男氏 高校時代に江川卓倒すためスクイズ失敗練習した
江川ヘッド案 原監督が提案したのは自分の地位脅かさぬから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。