ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

瞳の位置の悩みを解消するメガネ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


目の小ささというよりも、目と目の距離を悩んでいる人が意外と多いのです。目と目の間が近くて、「パーツが中心に集まっている」なんて言われて、ショックを受けたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、目と目の間の距離が狭いことで、他の人よりも似合うアイテムがあるのです。それが、今、流行中の「丸メガネ」。この丸メガネは基本的に、両目間の幅が狭く作られているものが多く、目と目の間に幅がある人ほど、なかなかぴったりのサイズが選びにくいのです。目と目との間の距離が近いことを逆手にとって、それを生かせるアイテムで、自分の顔をもっと魅力的にしてみませんか。ぜひこの機会に、おしゃれでアンティークな雰囲気を演出できる、丸メガネにチャレンジしてみてください!

【もっと大きな画像や図表を見る】

丸メガネは、自分の瞳の位置とレンズの位置のバランスに注意して選ぶことが大事です。オススメなのは、レンズの少し内側に瞳の中心が来るものを選ぶこと。自分からの見え方もよく、他の人から見た印象も自然に見えるからです。伊達眼鏡として選ぶのならあまり気にする必要はありませんが、丸メガネはレンズ部分が小さいため、自分にぴったりフィットするものをより慎重に選ぶ必要があります。メガネ屋さんで相談しながら、自分の瞳の位置にぴったりフィットし、さらには視界がよく見えるものを選ぶようにしましょう。

丸メガネは、どんなフレームを選ぶかによって、かなり印象が変わるメガネです。例えばフレームが太いものを選ぶと、昭和の文豪や漫画家のようなノスタルジックな雰囲気が強くなります。逆にフレームが細いものを選んだ場合は、クラシカルな印象が強くなります。さらに丸メガネは、レンズの大きさによっても印象が変わります。大きめのレンズの場合は個性的でキャラクターがより強く出るようになり、小さめのレンズはインテリっぽさが強く出るようになります。どのフレームを選ぶにせよ、自分の個性やキャラに似合うものを選ぶのがオススメです。この際に自分でも知らなかった魅力を探すつもりで、色々なフレームを試してみるのもいいですね。

メガネをずれにくくしてくれる鼻当てパッド。ついていた方が、メガネがずれにくくなり便利なのですが、目と目の間の距離を気にしている場合は、鼻当てパッドがついていない丸メガネがいいかもしれません。鼻当てパッドが見えると、「目と目の間」に人の視線が向きやすくなるのです。丸メガネは目と目の間の距離ではなく、直接「瞳」に視線を向けやすくなるため、両目間の距離が気になりにくくなる効果があるのですが、鼻当てパッドがあるとその効果が薄らいでしまいます。

できれば、フレームを直接鼻にひっかけるシンプルなフレームの丸メガネを選んでみましょう。ただし、このタイプは鼻にぴったりフィットするものを選ぶ必要があるため、メガネ屋さんでしっかり相談しながら選ぶようにしてくださいね。目と目の間の距離が狭くて気になっているなら、それを逆に生かしてオシャレしてみる気持ちが大切。ぜひ今流行中の丸メガネにチャレンジしてみてくださいね!
(enJOY Complex編集部)

記事提供/『エンジョイコンプレックス』
(R25編集部)

瞳の位置の悩みを解消するメガネはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

自分にぴったりのメガネ選び術
「近視だと老眼にならない」はウソ
「ドライアイ=PCのせい」は誤解?
PC用の「中距離メガネ」活用法
動体視力は鍛えることできるか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP