ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あしかがフラワーパーク」救った日本初の女性樹木医 「感動分岐点を超えた園でなければ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本初の女性樹木医・塚本こなみさん(65歳)は、栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」が経営危機に瀕した際に理事長に就任。いまでは年間100万人の集客を誇る人気スポットに再生させた立役者だ。

2015年4月30日放送の「カンブリア宮殿」(テレビ東京)は、塚本さんの経営秘話に迫った。白髪で細身、いかにも上品なご婦人といった佇まいの塚本さんは、園づくりの真髄をこう語る。

「経営に収益分岐点や損益分岐点があるように、私たちの心の中にも『この程度では感動しない』という境がある。『きれい』と体が震えて涙が出るほど美しくしないと、感動分岐点を超えることはできない」

子育てしながら36歳で自分の会社を設立

この言葉どおり、「世界一美しい桜とチューリップの庭園」と謳う1300本の桜と60万球のチューリップが客の心を釘付けにする。

「感動分岐点を超えた園ができれば、『また来年も見てみたい』となる。感動すればクチコミリーダーになってもらえる」

22歳で造園業を営む夫に嫁いだ塚本さんは、3人の子どもを育てながら事務仕事で夫をサポートしていたが、難しい植樹の管理をきっかけに庭造りや経営のノウハウを学ぶ。

36歳で夫の会社から独立した樹木のメンテナンス会社を設立し、1992年に43歳で日本初の女性樹木医となり注目を集める。

多くの専門家が匙を投げた巨大な藤の移植を2年がかりで成功させると、2年後あしかがフラワーパークの園長に就任。開花時期に合わせた変動制の入園料を断行し、「世界一の藤」を掲げたチラシを関東の藤の名所3か所に配りまわった。

村上龍が「ケンカを売っているみたいですけど」と訊くと、塚本さんはうなずき、わが町の藤を愛でる市民性を利用したことを隠さなかった。これが功を奏し、年間20万人ほどだった来場者数は110万人にまで増えた。
職人に檄飛ばす「あんた何年やってんのよ」

フラワーパークで働く100人ほどの従業員のうち、8割ほどがアルバイトで、定年退職した中高年が多い。園内の植物の手入れを行う彼らは、口を揃えて「お客に喜んでもらいたい。やりがいがある」と言う。従業員の心の変化を、現園長の佐原義彦さんはこう語る。

「それは今までなかったことで、塚本さんの力です。『お客さんの立場に立って』とみんな言いますから」

愛知県・江南市の曼荼羅寺(まんだらじ)には見事に咲き誇る藤棚があり、市の貴重な観光資源となっている。しかし10年ほど前は花のつきが悪くなり、入場無料でも人が来なくなっていた。

それまで藤の管理をしてきた職人の岡崎さんは「報酬が安くてここまでしかできない、これが自分の手一杯だ」と思っていたが、市から再生を託された塚本さんにこう檄を飛ばされた。

「あんた何年やってんのよ。10年やってこれか」
「花を咲かせることができない人は、何十年やっていても下手くそだ。花を咲かせてから、私に文句を言いなさい」

この言葉に職人ふたりは奮い立ち、翌年見事に花がよみがえった。岡崎さんは「こんなふうに花が咲くんだ」と感動したそうだ。「いまは、結果を生んだことで少しずつ収入も増えてきた。それがよく分かりました」と力強く話した。
村上龍は「これは完全に経営者のセリフ」

塚本さんは「男性たちばかりだから、優しく言うより『なにくそ』と火をつけた方が早いんです。遠まわしに言ってもダメです。直球を投げないと」と語り、そして時には「あなたたちは私の一番の弟子よ」と誉めるアメとムチの使い分けも明かした。

44歳で巨大な藤の移植を行う際、50代60代の男性職人たちばかりを前にして、「私のやり方に従ってください。この移植はうまくいったら皆さんのおかげ、失敗したら私の責任です」と宣言した。

これに村上龍は「これは完全に経営者のセリフですよ。感動分岐点を超えた感じ」と笑った。塚本さんは藤の木をなでながら「藤は『不死身』なんです。したたかで美しくて、戦略的に生きている」と語っていたが、それは塚本さん自身のことのように思えてならなかった。(ライター:okei)

あわせてよみたい:「愛される上司」になるための3つのポイント
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP