ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileの新しいXperia用ブートーローダーはリカバリパーティションからのブートをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile がリカバリパーティションからのシステムの起動をサポートした新しい Xperia 用のブートローダーをリリースしました。Xperia のブートローダーはこれまで、リカバリパーティションから起動をサポートしていなかったため、システムを起動させるにはリカバリイメージをブートイメージに統合した「boot.img」を独自に作成し、boot パーティションからリカバリを実行する必要があったのですが、新しいブートローダーは、一般的な Android のブートローダー構成に変わり、他社の端末のようにリカバリイメージを書き換えたり、カスタム ROM の制作にもブートイメージ周りの追加作業が不要になりました。Sony Mobile は、「Open Devices initiative」という取り組みの中でリカバリパーティションから Xperia を起動できる特別なブートローダーを公開しました。ブートローダーを書き換えるためには、現行のブートローダーをアンロックしておく必要があります。現在のところ、特別なブートローダーは Cortex-A7 CPU を搭載した Xperia T2 Ultra、Xperia T3、Xperia M2、Xperia E3 用が公開されています。おそらく、他の CPU を搭載した機種用も今後公開されるとみられます。特別なブートローダーをインストールするには、Sony Mobile が提供しているフラッシュツール「EMMA」を利用します。Source : FXP Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
VLC for Androidがバックグラウンド再生に対応
Google、Nexus 7(2012 & 2013)Wi-FiモデルとNexus 10のAndroid 5.1.1ファクトリーイメージを公開
英Cloveに「BlackBerry Leap」が入荷

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。