ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PL野球部 笑顔禁止の1年生は畏れ多くて3年生と会話できず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大阪・PL学園高等学校は、誰もが知る野球の名門校だが、昨年10月に新入生部員の募集停止を発表し、存続の危機に陥っている。母校の黄金期を支えたOB、片岡篤史(1988年卒、元日ハムほか)、橋本清(1988年卒、元巨人)、大西宏明(1999年卒、元近鉄ほか)の3氏が緊急集結。あの“栄光の日々”を語り合った。

大西:僕は高校時代、お2人が春夏連覇された時のビデオを見ろと、寮の応接間によく集められました。

片岡:僕らの世代は橋本の他に立浪和義(元中日)、深瀬猛(元PL学園コーチ)、岩崎充宏(元青学大)と中学から有名だったヤツがいっぱいいた。PLは全寮制だから入寮式の時に顔を合わせるんやけど、僕も182センチでデカいほうやったのに、それでも僕よりデカいのが橋本含め3人おったからね。僕なんかがここにおってエエんかなっていう独特の雰囲気。2コ上には凄い先輩もいたし(注・KKコンビの世代)。

橋本:3月20日に寮に入って、すぐにバスに乗せられて甲子園までセンバツの応援に行ったよな。バスの中で先輩から「寝るな」といわれて怖かった。

片岡:それでも船を漕ぐヤツがおって、先輩に注意されて。なだめた別の先輩が、「まあ待てや、まだお客さんや」といってて、補助席で真っ青になったわ。ただそのセンバツはベスト4で負けた。あの時は何ともいえん雰囲気やったよな。

橋本:甲子園のベスト4やのにね。よくやったではなく、お前ら全国優勝でけへんのか、やからね。

大西:僕も入寮の時、「何のためにPLに入った」と聞かれて、甲子園に出るためですと答えたら「アホか、全国優勝するためやろが」って注意されたのを覚えています。PLではそれが当たり前なんですよね。

片岡:しかし桑田(真澄)さん、清原(和博)さんら、3年生の練習は見ていて怖かったよな。物凄く上手く見えて、2年後本当にこんなになれるんか、という気持ちになったよね。

橋本:練習でポンポンホームランを打つ。特に清原さんの打球は外野ネットのはるか上空を飛んでいく。

片岡:練習でゴロを打ったのを見たことがない。試合でもショートゴロやセカンドゴロはほとんどない。

──その清原さんも学校同様、大変のようですが……。

橋本:ノーコメント(苦笑)。俺らは3年生とは口もきけない立場だから。

片岡:そう、3年生は畏れ多くて会話をしてはいけない存在なんです。2年生にも「はい」「いいえ」だけ。先輩は厳しかったよな。

大西:1年生は「笑顔禁止」。先輩からは歯を見せたらダメといわれた。どんな場面でも、笑顔を見せたら「オイ、何がオモロイんじゃ」といわれました。

片岡:返事するにもテンション高めに「ハイッ!」っていわないとダメ。一瞬でも嫌な顔をすると「何じゃその顔は」とくる。最後は「イヤそうな様子が背中に出とる」とかいわれたから、緊張感が半端じゃなかったわ(笑い)。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
雑誌『小学一年生』2014年の表紙モデルが3213人の中から決定
兵役カウントダウンとなる1986年~1989年生まれの韓流スター名簿
小さな町の閉塞感を描いたマンガ『さよならガールフレンド』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。