ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JR石巻線が全線開通 地元出身者が感激し涙腺ゆるみウルウル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 震災から4年を迎えた今春、宮城県石巻は復興に向けてまたひとつあゆみを進めた。コラムニスト木村和久さんが高校卒業までを過ごした故郷の地・石巻市を歩く。

 * * *
 東日本大震災から約4年、石巻地方にも、ようやく遅い春がやって来ました。

 3月21日に、JR石巻線が全線開通したのです。石巻線というのは、小牛田~石巻~女川を結ぶ全長44.7kmのローカル線で、今までは震災の影響で部分営業をせざるをえませんでした。4年かけて少しずつ改修し、開業区間を増やしていたのですが、このたび最後の区間、浦宿~女川間2.3kmが再開し、全線開通の運びとなりました。

 これで復興に拍車がかかること間違いなしです。嬉しくて開通当日、女川町に行って参りました。

 女川町へは、東京から朝イチの新幹線に乗ると、10時ごろに着きます(古川まで新幹線。古川から小牛田まで陸羽東線)。途中、北上川の鉄橋を渡る時、たくさんの鉄道マニアのかたが写真を撮っていて、しかもみんなが手を振ってくれてます。じんわり胸があたたかくなりました。

 終点・女川駅のひとつ前、浦宿駅に着いた時は、おばちゃんや子供たちが、大漁旗を振ってお出迎えです。日ごろ乗降客が数人の小さな駅なのに、地元の人が全員集まったぐらいの大騒ぎ。“朝ドラ”の『あまちゃん』でよく見かけた、ローカル線の開通祝いセレモニー、そんな感じですか。女川に着く前に感激して、もう涙腺がゆるみ、ウルウルしてきます。

 さあいよいよ、次は最終目的地の女川駅。途中トンネルを潜るのですが、そこを通り抜けると、もう別世界でした。駅には軽く1000人は超えるぐらいの人が押し寄せており、こんだけの人、どっから湧いて来たのって感じです。人の多さに圧倒され、もはや感傷に浸る余裕もありません。すでに改札の機能は果たしておらず、降りる人、出迎える人、撮影する人などが交錯し、収拾がつかない状態です。

 ちょうど、10時過ぎから女川駅の再開を祝してセレモニーが行われました。女川町はこの期間、「まちびらき」というイベントを開催し、たくさんのテナントを並べて、お祝いをしていたんです。

 開業当日は、サンマのすり身が入った、女川汁が無料で配布。いや、これが実においしい。女川のすり身は、あまり魚くさくなく、ネギとの相性もよく、いくらでも食べられます。実は3杯もお代わりしました。さらに石巻やきそばも店を出してましたが、なんとこれも無料配布。そりゃ人が並ぶわけですね。

 そうこうしている間に、来賓のかたがたの祝辞が終わり、何をするかと思ったら、駅の2階部分から、あんこの入った餅をばらまき始めました。

 石巻地方では、新しい家を作ると、餅や菓子などをまく風習がありますが、まさか駅の開業でやるとは。冷静に写真を撮っているつもりでも、目の前に餅が降ってくると、つい手が伸びます。いや実にめでたい。あんまりまくので、気づいたら餅を5つもゲット。食べるとこれが柔らかくて、本当においしいんですわ。

 小腹も満たされイベントの終盤になると、今度は石巻地方のゆるキャラが大集合。え~、こんなキャラクターいたのっていうのがたくさんあり、びっくり仰天。それを見るにつけ、くまモンやふなっしーって、大スターなんだなと改めて思いました。今度は石巻地方発のゆるキャラで、一世風靡させたいですね。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石巻・女川町の復幸祭 サンマ2000匹を焼いて無料で配る
高須クリニック院長 被災地入りしプチ整形のボランティア
避難所 下水詰まるためカップラーメンの汁飲み干す必要性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP