ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能コーナー減っている理由 リポーター不足で現場は大変!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、キー局のワイドショーで芸能コーナーが減っている理由を解き明かす。

 * * *
「いまの芸能リポーターは、リポーターではなくサポーターになってしまっている」

 とは、故・梨元勝さんが晩年しきりにおっしゃっていたことである。「恐縮です」というおなじみのフレーズを駆使しながら、現場で直撃し続けていた梨元さんにとって、時に芸能プロダクションとベッタリであるかのようなリポーターたちは、「サポーター」として見えたのだろう。

 だが、昔のように玄関のチャイムをピンポン、ピンポン鳴らし続けたり、芸能人に対し罵声を浴びせたりする“手法”がやれなくなった昨今。芸能リポーターさんたちは、芸能プロダクションと密に連絡をとりながら、「〇〇さん(=リポーター)ならば話す」という状況にいかにもっていくかが新しい処世術になっているような気がする。

 週刊誌やスポーツ紙がそうであるように、ちょっと過激な記事をオンエアしただけで訴えられる時代。何件も係争を抱えていることは通常業務に支障をきたすし、昔なら負けなかった案件が、いまではメディア側に不利な結果となるのが昨今の傾向である。

 加えて、テレビのワイドショーに芸能コーナーが少なくなってきた。司会者やコメンテーターに大手芸能プロダクションに所属している者が多すぎて、テレビ局側が彼らに遠慮して、芸能スキャンダルを扱わないようになってしまったのである。

 チーフプロデューサーや総合演出担当が「芸能嫌い」であるケースもある。確かに、芸能をきっちり扱おうと思ったら、しっかりした芸能デスクを2~3人、そして優秀な芸能リポーターも複数人、置かないといけないし、毎日、午前と午後にどこかしらで行われているイベントや会見に出すカメラクルーも確保しなければならない。いまは予算の関係で、これができないのも現状だ。

 数字がとれないワケではないのである。たとえば私が毎週出演している『ドデスカ!』(メ~テレ)は、いまでも2時間番組のなかに、スポーツ紙の芸能面を紹介するコーナー、在京局が取材した芸能モノを配信してもらって作るVTRコーナー、独自の切り口で行うコーナー…と、毎日3枠の芸能コーナーがあり、視聴率の分計はどれも山になっている。視聴者が芸能に興味がなくなったワケでもないのだ。

 在京局のワイドショーには芸能コーナーが少なく、地方局のワイドショーには芸能コーナーがタップリ…となれば、おのずと芸能リポーターたちは地方局の番組に生出演する機会が多くなる。

 名古屋、大阪、福岡などの準キー局で、独自の生ワイド番組を制作している局では、おなじみの芸能リポーターたちが自分のコーナーを持っていて、独自の切り口や目線で旬な芸能ネタについて解説している。もちろん、そこでしか聴けないような大ネタもあれば裏ネタもあり、最近はネットの普及もあり、そこで発信された芸能ニュースがスポーツ紙のWEBサイトにまずあがり、翌日、紙面に掲載される…というケースも多々あるのだ。

 その芸能リポーターたちが、系列局以外の局でレギュラーを持つのも、ここ数年の傾向だ。たとえばテレビ朝日の契約であっても、関西テレビ(フジテレビ系列)、RKB毎日放送(TBS系列)のワイドショーに出演している芸能リポーターがいる。昔なら考えられないことだが、在京局のワイドショーに芸能コーナーがないので、「なのに、縛ることはできない」「どうぞ(他系列でも)出てください」ということらしい。芸能リポーターさんたちにも“生活”がある。それは仕方がないことなのかもしれない。

 しかし、それで困るのは、東京の現場である。昨今、かなりの大物芸能人が登壇するイベントや会見の“囲み”でさえ、芸能リポーターが一人もいない…という光景が見られる。

 また、突発的な大ネタが飛び込んで来たとしても、昔のように芸能リポーターが長時間、張り込みをしたり、直撃をしたり…という映像も全くといっていいほど見られなくなった。有名芸能リポーターたちはみな、地方局にレギュラー出演しているからなのである。

 というワケで、現場は本当に寂しいことになっている。華やかでネームバリューもあるスターが中央に立っているのに、マイクを持って囲んでいるのは、とてもではないがオシャレとはいえない男性たちばかり。彼らは、芸能コーナーの現場を任されたディレクターたちなのである。

 なかには、そういう現場が多すぎて、まるで芸能リポーターのようにトークが上手になった人もいれば、芸能人にとっても視聴者にとっても顔なじみになっている人もいたりする。でも、大半は地味だし、これといった気の利いた質問をするでもなく、全く使いどころがない=盛り上がりに欠ける仕上がりなのだ。これでは、ワイドショーにおいて長尺で使われるハズがない。

 そんな状態であるから、芸能リポーターを目指す若い人も皆無で、私が知る限り、芸能を専門にやっているいちばんの若手は、かつて現場で怖い物知らずの質問を連発し、“爆弾娘”と呼ばれていた菊池真由子さん、来年40才だ。

 実は『ZIP!』(日本テレビ系)が始まってからというもの、たとえばジャニーズのアーティストが登壇する場合などに、日本テレビの女子アナや出演するモデル風タレントが来てマイクを持つ場合もある。しかし、そういうときは、芸能リポーター界の“タッキー&翼”、駒井千佳子さんと山崎寛代さんという“ジャニ担”の独壇場であり、声を発するのはこの二人だけ…という状態。

 しかも、件の女子アナやモデル風タレントが「将来、芸能を専門にやっていきたい」などとは思っているハズもなく、彼女たちが芸能リポーターとして育っていくことは全く考えられないのである。

 晩年、梨元勝さんがお嘆きになった「芸能サポーター」であっても、この際いいと思う。どこかに芸能リポーター志望の若者はいないだろうか。そうでないと、芸能の“現場”は終わってしまいかねない…。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
梨元さんを干しておきながら、葬儀には殺到したテレビ局
米倉は海老蔵の借金、江角は跡継ぎ問題で梨園の妻になれず
芸能リポーター東海林のり子 子供が不憫と言われ悔しがった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP