ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オダギリジョー 次男の死で撮影を延期、復帰を心配する声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オダギリジョー(39才)と香椎由宇(28才)夫妻の次男・Aちゃんが、4月20日に絞扼性(こうやくせい)イレウスで亡くなった。1才だった。香椎は、2008年にオダギリと結婚し、2011年2月に第一子を出産してからは、愛息との時間を何よりも大切にしてきた。

「香椎さんはカメラが趣味なんですが、出産後は暇さえあれば息子さんの写真ばかり撮っていました。息子さんが寝る前は必ず“今日もいい子だったね”って、ギュッと抱きしめてあげるのが日課だったそうですし、とにかく子供第一でしたね」(香椎の知人)

 香椎は東日本大震災の直後、一時的にオダギリを東京に残し、子供を連れて沖縄へ移住している。

「沖縄へ引っ越したのは、放射能が原因でした。すべては子供を守るための決断でした。自分の仕事に影響が出ようとも、何よりも子供の健康を優先する。それが彼女の矜持だったんです」(前出・香椎の知人)

 2014年4月に次男を出産してからは、極力仕事をセーブして、子育てに専念してきた。

「特に、Aちゃんは生まれたときから体が弱かったので、食には本当に気をつけていました。実家の母から、自然食を使った無添加の離乳食の作り方を教わったり、高たんぱく源の納豆を細かく刻んでおかゆに混ぜて食べさせたりと手をかけていたようです」(前出・香椎の知人)

 オダギリもまた、香椎と同じ気持ちで息子たちに向き合っていた。幼少期より母子家庭で育ち、父親を知らずに大人になった。だからこそ、わが子には同じような思いはさせたくない。そんな思いで、慣れない子育てに奮闘していたという。

「撮影で国内外を転々としているオダギリさんは、確かに家にいる時間は少ないんですが、その分、オフともなれば子供たちをお風呂に入れてあげたりと、香椎さんを支えていました。お子さんは2人とも完全にママっ子みたいで、“うちの子はオレが側にいても、ママの姿が見えなくなるだけで泣き出すんだよ”なんて、幸せそうに話していたのに…」(オダギリの知人)

 こんなにも穏やかな一家の日常を一変させた、次男の突然の死──。初7日を経た今、絶望の淵にいる夫婦に対し、周囲の人間は見守ることしかできないでいる。

「オダギリさんは、Aちゃんの死後、ドラマの撮影を延期して、ずっと自宅に引きこもったままだそうです。しばらくはAちゃんのお骨の側にいたい、という気持ちもあるんでしょうね…。このままではドラマ撮影の再開どころか、そもそも仕事復帰自体できるのかどうか…。香椎さんもまた、出演予定だったドラマの降板を発表しましたし、このままでは夫婦ともども壊れてしまうんじゃないかって、本当に心配です」(芸能関係者)

 現在、自宅にはオダギリ、香椎それぞれの実家の母親が頻繁に訪ね、家のことを手伝っているというが、彼女たちもまた、愛する孫の死に打ちひしがれたままだという。本誌記者が香椎の実家を訪ねると、母親が応対してくれたが、「すいません、今はそっとしておいてください…」と一言絞り出すのが精一杯だった。

 そして香椎は今、懸命に立ち上がろうとしていた。次男の死を発表した4月24日の夜。香椎は長男や親族とともに、東京近郊の回転寿司店を訪れた。

「食欲はないかもしれないけど、なにか食べて体力をつけないと…」

 そう親族にうながされた香椎は1口、2口と口に運ぶ。みな会話することもなく淡々と食事が進む中で、4才の長男が飽きてきたのだろうか。回転するレーンを止めようとしたり、テーブルの下に潜ってみたりと、いたずらをし始めた。すると、それまで黙っていた香椎は、長男に向き合って、真剣にこう諭したのだった。

「みんなの迷惑になるでしょ。ちゃんとしなきゃダメよ…」

 ちゃんとしなければ…自ら言い聞かせるように繰り返していた。そして、彼女は自らハンドルを握り、夫の待つ自宅へと帰っていった。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香椎由宇 オダギリジョーと離れ子と沖縄転居、放射能原因か
次男を亡くしたオダギリジョーと香椎由宇 その慟哭の一週間
イチローが使い続けるバットの原木にまつわる悲惨な現実

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。