ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ココナッツオイルで作る「マッサージバー」で、ジューシーなうる肌が手に入る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


肌を露出する夏こそ、潤いあふれるジューシーなうる肌でいたいもの。夏に向けて、セルフケアを頑張っている人も多いのでは?
固形のボディクリームであるマッサージバーは、マッサージも保湿ケアも両立できちゃうセルフケアの万能アイテム
石けんを使うように肌の上に滑らせると、体温でオイルが溶け出して肌がしっとり潤うんです。
圧力をかけてマッサージできるので、リンパマッサージにも最適なんですよ。
私はいつも、リンパマッサージをすると指が痛くなってしまうので、マッサージバーに頼りきりです。
そんなマッサージバーですが、自宅で簡単に手作りすることが可能。そこで、流行りのココナッツオイルを使ったマッサージバーの作りかたをご紹介します。

用意するのはEVココナッツオイルとアイストレーだけ

作る手順は簡単。
ココナッツオイル溶かして、氷を作るようにアイストレーに入れて冷ますだけ。全身のボディマッサージには氷ひとつ分のココナッツオイルがぴったりの量なんです。
■作りかた


1.ココナッツオイルを溶かす
2.アイストレーに流し入れる
3.香りやスクラブを合わせるときは、固まる前にin!
4.冷蔵庫など20度以下になるところで固めて、完成
ココナッツオイルが固まって使いづらい場合は、25度〜26度の湯煎にかけてもOK。
1番楽チンな方法は、マッサージバーにしたい分だけを別の瓶に移し替えて、お風呂にプカプカ浮かべちゃう方法でした。

お風呂で使うなら

せっかくなのでマッサージバーは自分処方にカスタマイズを。お風呂で使いたい人は、手順3の段階で、コーヒー殻やブラウンシュガーをプラスしてみて。
コーヒー殻に含まれているカフェインはむくみを引き締める効果があるのだとか。マッサージと一緒に、セルライト対策をするのもおすすめです。
シュガースクラブでおなじみのブラウンシュガーは、肌をやわらかくしてくれる効果があります。刺激が少ないので敏感肌の人にもおすすめ。

お風呂上がりに使うなら

お風呂上がりに使いたい人は、アロマオイルを数滴プラスして。
カモミールやラベンダーなど、好みのアロマでマッサージすれば、気持ちいい香りに包まれてベッドに入れますよ。
アロマオイルはココナッツオイルの甘い香りとの相性もバッチリ
その日の気分によって使えるように、何種類か作っておくのもいいですよ。この夏はうる肌を目指して、セルフケアを楽しんでくださいね!


(グリッティ)記事関連リンク
これはやらなきゃ損! 一瞬で目をパッチリさせる方法
ツノみたい♡ 楽ちんでかわいいホリデーヘアアレンジ
履いてお風呂に入るだけ! 「レギンスダイエット」が効果ありすぎ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP