ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マムフォード&サンズ、大いなる変化を遂げた新作「ワイルダー・マインド」5/6発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アコースティック・ギターとバンジョーを基調としたサウンドで2枚のアルバムをリリース。全世界をその歌でつないだマムフォード&サンズが通算3作目となる「ワイルダー・マインド」でシーンに戻ってくる。日本でのアルバム発売は5月6日となる。

マムフォード&サンズは2007年に結成された西ロンドン出身の4人組。そのアコースティックの温もりと誰もが歌いたくなるメロディを携えたフォーク・ロック・サウンドが世界中で大ブレイク。2枚目のアルバム「バベル」(2012)は米英1位を獲得、2013年のグラミー賞でも「最優秀アルバム賞」を受賞した。その後夏には待望の初来日を果たした。その後一時バンドの活動を休んでいたが、通算3作目となる今作を完成させた。これまでの彼らの特徴であったアコースティック・サウンドを一切封印し、エレクトリックでバンド・サウンドで新たな一歩を踏み出す意欲作の登場だ。

中心メンバーのマーカス・マムフォードは「バンドが休養に入ったときは、みんな、次はアコースティックの楽器は入れないだろうなっていうことはわかってた。『アコースティックはやめにしよう』っていう話をしたわけじゃない。でも、がらりと変えたいっていうのは四人とも望んでいたと思う。曲作りが極端に変わってはいないよ。ただ、同じことはやりたくないっていう願望があったからこうなったんだ」と語る。

そんな彼らのことを昔からファンであることをSNS等で公言していた、日本が誇るバンド くるりの岸田繁氏はこのアルバムに次の様な賛辞を寄せている。

突然春が訪れたような、そのデビューから追いかけているバンドだから、ずっと僕はその世界の中で生きているようなもんだ。最新作にして、季節が一巡してしまったかのようなセンチメントと、幾分かのメランコリーを憶えるんだけれども、元々風変わりなサウンドだったこのバンドが、中学生に進学してロックを始めたかのような高揚感が今作のポイント。高揚感と言う名の花が満開だ。うんちくは垂れたくない。最高だ。全面支持。

くるり 岸田 繁

バンドはアルバム発売後、世界各地のフェスに出演し、さらには自ら主催するフェスティヴァル・ツアー「2015 Gentlemen of the Road Stopovers」も行うことになっている。2013年以来となる来日にも期待がかかる。

リリース情報

アルバム「ワイルダー・マインド」
2015年5月6日発売
UICI-1138 2,450円+税
デジタル・アルバム詳細:http://po.st/MumfordWM

関連リンク

マムフォード&サンズ ユニバーサル ミュージック日本公式サイトwww.universal-music.co.jp/mumford-and-sons

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP