体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失敗は一番の学び。自分に自信を持つために必要な10のマインドセット

150305_change-life-vol-2 ジョンキム

ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでもない。ちょっとした「視点の転換」さえすれば、誰にでも新しい人生を切り開くことができる。

 01.
人生は「いかに軌道修正を図れるか」が問われている。

そもそも、人生はゼロからスタートしている。始まりは裸だということに気づくことができれば、失うという感覚を持たずに済むようになる。

02.
人生においては、今日この瞬間が結果。過程自体も結果であり、瞬間瞬間が結果。

johnkim

明日のために計画している今も、時間は流れている。今日だけ我慢して、「明日結果がでれば」「夢さえ実現できれば」という感覚は間違っている。明日のために、今日を犠牲にしてはいけない。

03.
メディアで伝わっている情報を鵜呑みにしない。

大事なことは、いろんな情報ソースに接してみることだ。いろいろな意見を聞いて、最終的には自分で判断をする。鵜呑みにはしないが、耳は傾ける。多面的な思考を心がけ、最後は自分の判断で物事を理解していくという姿勢が問われるのである。実際、解釈ひとつで同じ物事はまったく違って見える。

04.
すべての瞬間を楽しむとは、言葉を言い換えれば、自分を大事にするということ。

自分の人生を大事にすること。1秒たりとも無駄にしてはいけない。我慢し、苦しむ必要などまるでないのだ。苦しんでいる人は自分を大事にできていない。大切な人生の瞬間を使い切れていない。苦しむことは損失なのだと気づいた瞬間、もう苦しまなくて済むようになる。

05.
ネガティブな結果をもたらす可能性が起き得る要素を、徹底的に洗い出しておく。

johnkim

もちろん完全にリスクをなくすことはできない。しかし、それを自分の中でわかっていればいい。どんなに頑張っても、5%の失敗の可能性があることを理解しておくのだ。

06.
書かれていることを
そのまま受け止め理解することを、理解したとは言わない。

大事なことは、自分なりに解釈し、咀嚼し、どう昇華させ、発展させることができるか。自分の言葉でアウトプットし、自分のものにすることなのだ。そのまま受け入れ、理解したつもりになることは極めて危険。解釈とは、書かれたことや話されたことを、100%理解するための手段というわけではない。理解を踏まえたうえで、自分の中でもうひとつの石を積み重ねていくことなのだ。

07.
過去を振り返ったとき、
失敗が一番の学びだったことがわかっていれば、失敗は恐れるべきものではなくなる。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。