ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストラリアの首都キャンベラに起こった「棚からぼた餅」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Usami Takuya「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光

「オーストラリアの首都は?」と聞かれると、つい「シドニー」と答えてしまうのではないでしょうか? 2000年にシドニーオリンピックが開催されたこともあり、親しみのある人も多いはず。オペラハウスや中心部に近いボンダイビーチなどが観光スポットとして有名ですが、ただ街を歩くだけでも十分に楽しめます。

冒頭の「オーストラリアの首都は?」という質問の答えは、ご存知の通り「キャンベラ」です。しかし、キャンベラはシドニーと比べると様々な部分で足りていないとも言われており、オーストラリアで一番栄えている都市といえばシドニーなのは間違いないでしょう。

キャンベラがオーストラリアの首都として選ばれたのは1908年のこと。その背景には、二大都市であるシドニーとメルボルンの首都争いが関係しています。キャンベラが選ばれた理由は、この争いの妥協案だったのです! 両者譲らず決着がつかないので、真ん中にある「キャンベラ」という、まさに棚からぼた餅のようなことが起こったわけですね。今ではキャンベラには国会議事堂、オーストラリア国立大学、高等裁判所、オーストラリア国立スポーツ研究所などが存在しており、立派に首都としての役割を果たしているようです。

Photo by:Usami Takuya「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP