ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 株式会社サンリオの人気キャラクター「KIRIMIちゃん.」「さわらくん」と丸の内タニタ食堂のコラボした定食が4月27日~5月2日、5月11日~15日、同食堂で発売される。
レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 KIRIMIちゃん.は、鮭の切り身をモチーフにしたキャラクター。2013年秋にサンリオが開催した一般人気投票「食べキャラ総選挙~食うか食われるか真剣勝負~」で見事1位を獲得し、翌年2月に本格デビューを果たした。

 さらに2015年3月、農林水産省の「おさかなたべよう大使」に任命されるなど、そのシュールな見た目も相まって、じわじわと注目を集めている。

 そんなKIRIMIちゃん.がメニューになって登場するとあって、Twitter上では「遂にKIRIMIちゃんが食べられちゃうのか…!」「食べるんだ…」「かわいいけどそのままやんけ」などの声が上がった。

 コラボメニューとはいえど、単なる鮭定食になっているのではないかと疑問に感じた筆者は、先行試食会に行って確かめてみることにした。
レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 会場には、KIRIMIちゃん.をはじめ、タニタ 管理栄養士・龍口知子さんやモデルの西内ひろさんが登場。手足の短いKIRIMIちゃん.はカニ歩きでゆっくりと歩いている。
レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 そして頭には「かまぼこちゃん」が。かまぼこちゃんも手足をばたつかせて会場の声援に応えていた。

 やけに横長なKIRIMIちゃん.は、振り返るたびに西内さんに顔面でラリアットをくらわせそうになっていたのが印象的だった。

レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 KIRIMIちゃん.の登壇後、待ちに待ったメニューのお披露目が。西内さんはかまぼこちゃんの動く手足が気になる様子だ。

レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 4月27日~5月2日に提供されるメニューは、「さわらくんのアクアパッツア風 定食」(税込1,100円)。トマト、パプリカ、スナップえんどうなどの彩りのいい野菜をふんだんに使用した包み蒸しで、うま味が凝縮されており、少ない塩分でも満足感のある一品になっている。
レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 5月11日~15日に提供されるメニューは、「鮭のきりみちゃんタルタルソース 定食」(同)。鮭の切り身に野菜たっぷりのタルタルソースを贅沢にかけた一品。ソースにヨーグルトを入れたことで、カロリーを抑えてあるという。添え野菜には旬のカブを使ったおひたしが。

 体組成計で有名なタニタの食堂が手がけるとあって、どちらも1食あたり500カロリー前後、塩分は3グラム前後と控えめ。鮭の切り身をメインに、1汁3菜の栄養バランスが取れたメニューになっている。

 龍口さんによると、鮭には抗酸化作用のある成分「アスタキサンチン」が豊富に含まれているため、アンチエイジングに効果が期待できるのだとか。また、鯖に含まれている必須脂肪酸「DHA」は、疲労回復に効果てきめんとも言われる。

 西内さんも美容のためによく魚を食べるという。魚の皮にも女性にうれしいコラーゲンが含まれているので、残さず食べたいところだ。

 実際に「鮭のきりみちゃんタルタルソース 定食」を食べてみると、全体的にまろやかでやさしい味付け。タルタルソースに含まれた野菜のシャキシャキとした食感と程よい酸味が、鮭によく合う。

レアな表情のKIRIMIちゃん.発見! タニタ食堂の期間限定コラボメニューを食べてきた
 鮭の切り身に顔を描いてKIRIMIちゃん.を忠実に再現しているが、中にはKIRIMIちゃん.も。これはかなりレアな表情である。

 期間限定なので、このゴールデンウイークにぜひ食べに行ってはいかがだろうか。

(藤田佳奈美)

■関連リンク
歩きタバコのイラストが衝撃的と話題
食べごろのイケメンを育てて食べる
修行するルイージが大人気

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。