ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目指せ宇宙兄弟!? 真っ白なジグソーパズルに挑んでみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宇宙飛行士になるための選考試験で、「真っ白なパズルに挑む」というものがあるらしい。それは累計販売部数1400万部超の人気マンガ「宇宙兄弟」第4巻のワンシーンだ。「180ピースの真っ白なパズルを3時間以内に完成させよ」とのことだ。

ただひたすら白いジグソーパズル。完成させることはできるのか……?

パズル好きな筆者ではあるが、さすがに真っ白なパズルは未知の世界。「禁断の果実」に手を出す気分で挑んでみた。

今回挑戦したのは「グレート宇宙パズル」(300ピース)。パッケージには「最難関」の文字と共に「宇宙飛行士選抜試験過去問題」の文字が。

とりあえず裏返しながら、外枠となるピースと、なんとなく形に特徴があるピースを仕分けていく。

記念すべき一つ目が、はまった! かなりうれしい!!

とりあえず全部を裏返してみた。特徴的な形のピースが、何組かはまったまずは、外枠が完成!

1時間かからず外枠は完成。意外と順調!?

スタートから2時間後

「じぃーーーーー」っとパズルを眺め、形が特徴的なもの同士をはめていく。思いのほか、パチパチはまって結構楽しい。だいたい2、3分ほどで1ピースがはまっていく。た、楽しい……!しかし、地獄はすぐに訪れた……

スタートから4時間後。

特徴的な形のピースが少なくなると、一気に進まなくなった……。ここからはとにかく1ピースずつ、はめていくローラー作戦しかない状態。1時間で5ピースしかはまらないような時間帯も。

8時間後。1日目はここでギブアップ!2日目、攻略法を考えてみる

2日目の朝、「何か攻略法はないものか」とパズルのパッケージを見てみると、そこには「宇宙飛行士になるために必要な忍耐力をトレーニングするのに最適」との文字が。もっと適切なトレーニング法があると思うが、とりあえず忍耐強く進めるしかないようだ。

スタートから11時間後。だんだん完成させる自信がなくなってくるここにきて、大きな変化が!

スタートから14時間後

すべてのピースを、外枠にハマるところはないかと一巡。その後、ふと枠外にできている塊が、どこかにハマるのではないかと試してみた。これが、一気にハマりだし完成スペースがアップ! やはり、パズルの醍醐味はこの「どんどん、はまっていく楽しさ」だ。まぁそもそも、それを求めるのなら、真っ白なパズルになど、手を出すべきではないのかもしれないが。

そして、大きな塊がすべてハマったら、再び1ピースずつハメていく作戦に突入。

スタートから17時間後

普通のパズルなら、ここまで残りのピースが少なくなれば、その図柄に導かれてサクサクはまっていくもの。しかし、真っ白なパズルは、最後までとにかくはめてみるしかない。そして、パズル開始から約18時間後……。

完成!!

「今がきっと一番ツライところ」「ここを乗り越えればきっと、もう少しで山を越えるはず」と信じ続け、続けてみたら、結局最後までツラかった真っ白なパズル。ただ、難易度が高い分、パチパチハマり続ける時の快感と、最後の1ピースがハマった時の達成感はほかのパズルよりも存分に味わえた。

ゴールデンウィークに、「無の境地」にはまりたい人は、ぜひ試してみてはいかがだろう。

(たままい。+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP