体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ノマ度チェック】疲労回復効果の天然温泉&湖畔がキレイだけど…… 『ホテルアローレ』(加賀温泉)

arrowle_kaga_01

オフィスではなく、カフェや公園などでお仕事をする人を指す「ノマド」。最近ではスターバックスコーヒーなどでノートPCを広げる「サードウェーブ系男子」といった派生型も登場してきてますが、基本的には同じような人種のことだと捉えていいでしょう。
また、大企業を中心にデバイスや場所に関係なく作業が可能な「スマート化」「クラウド化」、フレックスや時短勤務などの「タイバーシティ」が進む方向になっています。

となると、メールやチャットでは即時に連絡がつくけれど、実際には観光地にいる……なんてことがあり得るのでは?

そう考えた筆者は、都市部から離れて、気分的に癒やされる場所で普段と変わらずお仕事をするということが、どれだけ実践できるのかを調べてみることにしました。それには、居心地やサービスに加えて、ネットへの接続環境や電源確保なども重要。それらを『ノマ度』として5段階で評価をしていきたい考えています。

今回、北陸は石川県・加賀温泉の『ホテルアローレ』で作業してきました。

ノマドチェック:『ホテルアローレ』

arrowle_kaga_02

金沢に取材に行く機会があり、せっかくなら温泉を……と宿泊予約サイトで調べてみて発見したのが、この『ホテルアローレ』。金沢駅から北陸本線加賀温泉駅までは特急で30分弱で、そこからは無料バスが運行されています。
何より、素泊まり4800円(税込)というお値段が決め手となり、込み入った作業をまとめて片付けてしまおうと目論んで向かいました。

交通アクセス:JR北陸本線加賀温泉駅・小松空港より無料送迎バスで15分
北陸自動車道片山津ICより車で5分
コース・値段:お部屋代のみのシンプルプラン:4800円
宿泊日時:2015年4月19日(日)20時15分ごろより

サービス

★★★★☆:

ホテルゾーンのほか、天然温泉やサウナ、エステなどがあるスパゾーン、大宴会場やチェペルがあるコンベンションゾーンがあり、かなり大規模な施設。ロビーでチェックインの際に、サラリと「お部屋をグレードアップさせて頂きました」と言われて、カードキーで部屋に入ってみると……。

arrowle_kaga_03

ダブルベッドが2台。家族向けの部屋がたまたま空いたのでしょうか。ひとりで泊まるには……若干さみしいですが、景色は柴山潟を一望でき、対岸の片山津温泉も見渡せるというロケーションでした。

arrowle_kaga_04

ソファーと丸テーブル、それにデスク。部屋の各所にコンセントがあるので、ひとまず電源には困りません。PCを使う際には無難にデスクでしょうか。

arrowle_kaga_05

サブレやお茶、それにインスタントコーヒーがサービスで提供されます。サブレはサクサクで美味しかったです。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。