ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹内まりや、Superflyの新作『WHITE』にゲスト参加 「Sweetest Music」デュエットに「30年前の楽曲を蘇らせてくれて嬉しい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 約3年ぶりに発売されるSuperflyの5thアルバム『WHITE』。その初回生産限定盤に付属の“邦楽カバーミニアルバム”収録の「Sweetest Music」に竹内まりや本人がボーカル参加していることが明らかになった。

 竹内に加え、桑田佳祐、井上陽水、RCサクセションなど、日本のポップスの歴史に大きな足跡を残して来たアーティストの楽曲を取り上げたこの邦楽カバー盤。「Sweetest Music」をカバーするにあたって、Superflyの志帆は「竹内まりやさんの武道館ライブで初めてこの曲知りました。ライブ中に、あまりにもカッコよくて体中が熱くなったのを覚えています。いつかカバーさせて頂きたいと思っていました。」というコメントも発表しており、まさに夢のコラボレーションとなった。

 当日は終始和やかなムードでレコーディングは終了。今回の参加に関して志帆は「憧れの楽曲を、憧れの大先輩とデュエットさせていただき、本当に幸せなひと時でした。スタジオで、生の歌声を聞かせていただいた時、まりやさんのカッコよくも深みのある歌声に衝撃を受け、全身が震えました。まりやさんとのデュエットは、宝物です!素晴らしい機会を与えていただき、心から感謝しています。」と語っている。一方の竹内も「こうやって30年前の楽曲を蘇らせてくれて嬉しい。」との感謝のコメントを残している。

◎リリース情報Superfly『WHITE』
2015/5/27 RELEASE
初回生産限定盤 BOX仕様スペシャルパッケージ(2CD)
WPCL-12089/90 3,600円(tax out.)
通常盤
WPCL-12091 3,000円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

Superfly約3年ぶりのオリジナルアルバム『WHITE』全14曲の収録内容が決定
Superfly、一夜限りのプレミアムスタジオライブを開催
Superfly 新曲が『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』の主題歌に決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。