ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トミタ栞、初の都内ワンマン大成功&初ツアーはワールドツアー?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トミタ栞が自身初の都内ライブハウスにてワンマンライブを敢行した。さらにサプライズ発表にて、はじめてのライブツアーはまさかのワールドツアーの開催が決定した。

先日、丸3年レギュラー出演を務めた「saku saku(tvk)」のMCを卒業したトミタ栞がこのたび、自身初、都内ライブハウスの代官山UNITにてワンマンライブを敢行した。今年の2月1日に自身の21歳の誕生日を記念したライブの追加公演となる本公演タイトルはずばり「トミタ栞 ライブ2015 ~誕生 日関係なく追加公演です!~」。

まずはライブ冒頭にて、トミタ栞による選手宣誓からスタート。誕生日じゃないからといって、けっしてライブで手を抜かないことをファンに誓いながら2月18日にリリースされた、1stアルバムから自身が書き下ろした、タイトル曲「もしもワールド」を披露。続いて、デビューミニアルバム「トミタ栞」から「まにまに」「HAPPY TIME」を披露するも、ライブが楽しくて仕方がないトミタは再三にわたって、「楽しい!」と喜びの声を連発。

さらに都内初のワンマンライブチケットが完売したことを噛みしめながら、会場に来たファンに喜びの声を伝えた。終盤では、センチメンタル・バスの「Sunny Day Sunday」のカバーも披露。これはトミタ栞バンドのバンマス・鈴木秋則氏の楽曲でセンチメンタル・バスのメンバーだった鈴木氏も2000年以来ぶりの演奏に力が入りバンドのボルテージも最高潮に!トミタが軽快に歌いあげ会場を大いに沸かせた。

ライブ本編が終わり、会場からのアンコールに応えるよう再びステージに戻ると、ここでサプライズのパネルが登場。スタッフから渡された全貌が書かれたマル秘カードをバンドミュージシャンが読み上げ、次々とその全貌が明らかになっていく・・・なんと、次回のライブはワールドツアー!?トミタ栞はじめてのライブツアーはワールドツアー。まず、日本公演は9月27日渋谷shibuya duo MUSIC EXCHANGE。続いて、台湾公演と称して、トミタ栞もしもWorld TOUR 2015in 台湾~ トミタびとで台湾に行きタイワン♪(仮)」が日程のみ伝えられた。実はこの台湾が、後にファンクラブでの台湾旅行だったことが判明。このタイトルは最新アルバム「もしもワールド」をなぞったツアータイトルとなっており、会場を笑いで包んだ。

しかしながら、いきなりの発表にあっけに取られ、動揺を隠しきれないトミタ。アンコールのパフォーマンスになかなか入れず、ただただMCが続いていく。でも、そんなサプライズが大好きと気を取り直して、デビューミニアルバム「トミタ栞」から「あたらしい朝のうた」ほかを披露、大盛況のなか幕を閉じた。次は、ワールドツアー!?に挑むトミタ栞。まだまだ彼女から目が離せない!

「トミタ栞ライブ2015 ~誕生日関係なく追加公演です!~」セットリスト
01. もしもワールド
02. まにまに
03. HAPPY TIME
04. マイペース
05. スキスキップ
06. みなとみらい
07. 強がり太陽
08. 線香花火
09. 卒業アルバム
10. 大好き、さようなら
11. エ・ネ・ト・カ・ネーション
12. HAPPY AND HAPPY
13. Sunny Day Sunday (カ ヴァー)
14. だめだめだ
15. きらきら
16. MONSTER GIRL
EN1. あたらしい朝のうた
EN2. RounD
EN3. ハレの日の結末

■ライブ情報
トミタ栞もしもWorld TOUR 2015

東京:9/27(日)@shibuya duo MUSIC EXCHANGE
台湾:10/24(土)1泊2日or 2泊3日コース
~トミタ栞もしもWorld TOUR 2015 in 台湾~ トミタびとで台湾に行きタイワン♪(仮)
※台湾に関しましては、トミタ栞オフィシャルファンクラブ「トミタびと」の会員限定企画となるため、ファンクラブ会員が参加資格となります。

関連リンク

トミタ栞 オフィシャルサイトhttp://www.tomitashiori.com/
トミタ栞・トミッター(トミタ栞・本人によるツイッター):https://twitter.com/tomita4ori
トミタ栞 すたっふツイッター(トミタ栞・担当マネージャーによるツイッター)https://twitter.com/tomitastaff

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP